ローランド、愛車“黄色いロールスロイス”を紹介 ド派手なカスタムで「常に見られている自覚を」

 “現代ホスト界の帝王”ローランドが11月13日、自身の公式YouTubeチャンネルで、ド派手に黄色く塗られたロールスロイスを紹介する動画を公開した。

【初公開】黄色いロールスロイスと美人秘書

 去年12月に購入したというロールスロイス。長年、ローランドに密着しているディレクター·ソン(以下、ソンD)から「何でこの色にしたんですか?」と聞かれると、ローランドは「イメチェンですね。黒い車って多いじゃないですか? だから駐車場とかに止まっている時とか分かんなくなる時がある。でもこれだったら1発で分かるんですよ」と説明した。

 車の中に乗り込み、移動しながらソンDからの取材を受けるローランド。続けて黄色くカスタマイズした理由について、「かっこいいからとか、黄色が好きだからっていう理由ももちろんあるんですけど、運転し始めた時は運転手もビクビクしながらハンドルを握ってたんです。でも、人間は慣れていくもの。段々と安全運転の意識とか緊張感がなくなってくるんですよ。そうなった時に、これを黄色にしたら1発でローランドが乗っているってわかるじゃないですか」「だから常に見られている自覚をして欲しいなと思って」「これを乗る時はしっかりとした格好でいて欲しい」と深い理由を明かしていた。


 その上でソンDが「ちょっとでも運転が荒かった時、ローランドってことが1発でわかるってことですよね? そうなるとやっぱりリスクしかないなと思うんですけど」と指摘すると、ローランドは「バレなかったらやっていいわけじゃないよね。そのソンさんの思考がダメですよ。なので、これはやましい事はしないという証なんです」と答えていた。