>  > 新型iPhone、動画撮影に大きな新機能?

新型iPhone、動画撮影に大きな新機能? 外見ほぼ変化なしも性能面で“買い”か

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月10日、カリフォルニア州クパチーノにある本社のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催。様々な発表があると言われたが、その中にサプライズはあるのか。その様子はライブストリーミングで配信される。

3機種が9月20日に同時発売、予約開始は9月13日

 発表内容の目玉とされる新しいiPhone 11については、噂やリーク情報が次々に流れた。『Tom’s Guide』によると今回発表される3機種のiPhoneは、同時に発売される。予約注文は9月13日に始まり、9月20日に発売される予定だ(参考:https://www.tomsguide.com/news/iphone-11-event-set-for-sept-10-heres-what-to-expect

 記事では、今年のiPhoneが全て“Appleの新しいA13プロセッサを搭載”していると報じられている。これらの携帯は、複数の背面カメラ、優れた耐久性、リバースワイヤレス充電、マルチアングルFace IDを搭載することが期待される。

大きく変わったのはカメラ周り、レンズやビデオ機能が大幅に向上

 『MacRumors』は、iPhoneの多くの先行情報を収集してきた(参考:https://www.macrumors.com/roundup/2019-iphones/

 新しいiPhoneは、落下に耐える粉砕耐性ガラスで作られているといわれ、耐水性が大幅に改善される可能性がある。

 先述したA13チップについても、パフォーマンスと効率の向上をもたらすとしており、そのほか、重いコンピューティング・タスクを処理する新しい「AMX」または「matrix」コプロセッサの追加も噂されている。

 次世代の6.5インチと5.8インチのOLED iPhoneにはトリプルレンズ(広角、超広角、望遠)のリアカメラが搭載され、iPhone XRの後継機種にはデュアルレンズ(広角、望遠)を備えたリアカメラが搭載されていることは、これまでも各メディアが報じてきた。

 大きな正方形の背面カメラバンプに3つのレンズがトライアングルの構成で配置されているなど、3つのiPhoneは全て、この正方形のカメラバンプのデザインを使用すると思われる。トリプルレンズカメラのセットアップには、ARのための優れた3Dセンシング、3倍光学ズーム機能、低照度でのパフォーマンス向上などが含まれる可能性が高い。

 これにあわせ、Appleは新しいiPhoneに大幅に改善されたビデオ撮影機能を追加。ビデオのキャプチャ中にリアルタイムでレタッチ、エフェクト、トリミングなどを可能にするという。

 Appleは、すべての角度から顔をよりよく検出できる改良されたTrue Depthカメラシステムを計画しているが、ノッチのデザイン変更はないとみられる。

 フロントカメラは3機種全て、2018年モデルの7メガピクセルから12メガピクセルに変更。新しいカメラテクノロジーに対応するために、バッテリーが大きくなり、持続時間は多少長くなる可能性がある。

 新しいiPhoneは現在のモデルよりも少し厚くなるようだが、実際には使用していてわからないほどの小さな変化に。ボタンの配置も調整されているため、少し移動している可能性がある。

 通信については、「WiFi 6」が採用され、WiFiの高速化とLTEスピードが見込まれ、新しいiPhoneモデルには、他のスマートフォンやAirPodsといったデバイスをワイヤレスで充電できる双方向ワイヤレス充電機能が搭載されることも期待されている。

 一言で言えば、2019年のiPhoneは“2018年のものとほぼ同じような外観”ではあるものの、iPhone XSとXS Maxの後継のトリプルレンズカメラやiPhone XRの後継機のデュアルレンズカメラが特徴だ。デバイスの背面パネルは、カメラの衝撃を最小限に抑えるために、1枚のガラスから作られているものもある。

      

「新型iPhone、動画撮影に大きな新機能? 外見ほぼ変化なしも性能面で“買い”か」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版