>  > キンコン梶原“吉本興業の騒動”への改革案を明かす

キンコン梶原が“吉本興業の騒動”に対する改革案を明かす 「辞められる環境づくりを」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビのキングコング(西野亮廣、梶原雄太)が8月4日、YouTubeチャンネル・毎週キングコングに動画を投稿。その中で梶原が、吉本興業の騒動に関連して驚きの提案をする一幕があった。

 いまだ世間を騒がす、闇営業問題に端を発した吉本興業のお家騒動。その中で、「経営陣が変わらないのなら会社を辞める」と極楽とんぼ・加藤浩次が発言したことにより、急遽、吉本のトップである大崎洋会長と話し合いの場を設けるに至ったことは記憶に新しい。

 その話し合いの場に選ばれたのが、東京・新宿区にある吉本興業 東京本部だった。梶原はたまたま、加藤と大崎会長が会談する日、自身のYouTubeチャンネル「カジサックの部屋」の打ち合わせで同所を訪れていたという。

 今回の騒動を受けて梶原には「どうしても言いたいこと」があったらしい。そのため、詰めかけた60人の報道陣を前にちょっとした演説をする気でいて、マネージャー伝いに「マスコミに向けてこんな発言をしていいか?」と会社へ確認を取ったのだとか。

 すると「3分以内なら」と許可が下りたようで、梶原は「本当はもっと話したかったけど3分にまとめて本社(東京本部)行ったのよ! バーっと!」とまくしたてた。しかし、「(報道陣に)気づかれずにスッと会社に入れた……」と寂しげにオチをつぶやくと、西野からは「引退しよう。報道の方から吉本芸人としてカウントされてないんだから(笑)」とツッコまれていた。

      

「キンコン梶原が“吉本興業の騒動”に対する改革案を明かす 「辞められる環境づくりを」」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版