>  > 嵐・二宮和也、ジャニーズjr.のレベルを語る

嵐・二宮和也「俺らのときより、はるかにスペックがいい」 ジャニーズjr.のレベルとテクノロジーの関係を語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月11日放送のラジオ『BAY STORM』(bayfm)で、MCを務める嵐の二宮和也が、テクノロジーと人の成長について語っていた。

 メールにて、クラシックバレエの講師をしているというリスナーから、「後輩の成長をどんなときに感じるか」という質問が届いた。二宮は「いや、面倒を見てる後輩いないじゃん」と、スルーするかと思いきや、「今の(ジャニーズ)ジュニアの子もそうだけれど、どの世界も基本的にベース、元々の性能がアップしちゃってる」「俺らのときより、はるかにスペックがいいもん」と、後輩たちのレベルの高さを明かしていた。

 なぜ、今の若手たちはスペックが高いのか。その一例として二宮があげたのは、写真撮影の簡易化だ。「俺らのときは『写ルンです』しかなかったから、撮るときに勇気と決断が必要だった」と二宮。「36枚しか命がないから、ラーメンの写真なんて撮らないのよ(笑)」と、スマートフォンの高性能なカメラや、ツイッターやインスタグラムなどのSNSがなかった時代を懐かしんだ。

 二宮が言いたかったのは、そうした制限があったがゆえに、写真撮影には緊張感が付きまとった、ということだ。「ジュニアのころって、うまく笑えてなかったもんね」と振り返り、「いまの子は写真を撮るのが自然になっているから。コンスタントに品質を保つ、ということが最初っからできちゃっているもんね。俺らのときより、全然すごいんだろうなって」と、あらためて現代っ子のスペックの高さを語るのだった。

      

「嵐・二宮和也「俺らのときより、はるかにスペックがいい」 ジャニーズjr.のレベルとテクノロジーの関係を語る」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版