小芝風花、『モコミ』クランクアップ 「難しい役柄で、悩みながら作っていきました」

 テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』の主人公・清水萌子美を演じる小芝風花らキャスト一同がクランクアップを迎えた。

 本作は、『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)で連ドラ初主演を飾った小芝が、再び土曜ナイトドラマ枠で主演を務めるヒューマンホームドラマ。『僕の生きる道』シリーズ(フジテレビ系)など数々のヒューマンドラマを手がけてきた脚本家の橋部敦子と初タッグを組んだ。

 小芝演じる主人公・清水萌子美の心の成長を家族との関わりの中で描く本作。自分の殻に閉じこもってきた萌子美が自分らしく生きようする中、初めて“恋”という感情にも向き合っていく。

 キャスト1人1人が撮影を終え、「不安を感じない日はない中、この家族、このスタッフさんたちと一つの作品を作ることができて幸せでした」(工藤阿須加)、「新しい時代の家族像を示すことができたと思います」(田辺誠一)、「“さわやか”という言葉にとりつかれた数か月間でした(笑)」(加藤清史郎)とそれぞれ感想を語るなか、ついに小芝も撮影最終日を迎えることに。「清水萌子美役の小芝風花さんオールアップです!」との声がかかると、先に撮影を終え、「母親というものは家族に育てられるものだと改めて感じました」と語っていた富田靖子がサプライズで現場に駆け付け、小芝に花束を渡す一幕も。

 内気だった萌子美の成長を、セリフの強弱や自信なさげだったまなざしに強い意志をにじませるなど、1話1話体現してきた小芝は富田からのねぎらいの言葉に弾けるような笑顔を見せ、さらに「私にとって萌子美は難しい役柄で、悩みながら作っていきました」と難役に向き合った日々を振り返った。

 3月27日放送の第9話では、これまで萌子美を温かなまなざしと言葉で応援してきた祖父・須田観(橋爪功)がクローズアップされる。突然、モノと話せなくなり、どうすればいいのか分からなくなっている孫娘を、ただ気遣うだけでなく、これからどう生きたいのか考えるよう伝える観。それだけでなく、田舎暮らしを本気で考える伸寛(田辺誠一)に驚くような思い出話を語り、移住先の候補となる土地を紹介する。

■放送情報
『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』
テレビ朝日系にて、毎週土曜23:00~23:30放送
出演:小芝風花、加藤清史郎、工藤阿須加、田辺誠一、富田靖子、橋爪功、水沢エレナ、内藤理沙ほか
脚本:橋部敦子
演出:竹園元(テレビ朝日)、常廣丈太(テレビ朝日)、鎌田敏明
音楽プロデュース:S.E.N.S. Company
音楽:森英治
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:竹園元、中込卓也(テレビ朝日)、布施等(MMJ)
制作著作:テレビ朝日
制作協力:メディアミックス・ジャパン(MMJ)
企画協力:オスカープロモーション
(c)テレビ朝日