リアムの“ありのままの姿”に心揺さぶられる 『アズ・イット・ワズ』で知る完全復活の裏側

「捨て鉢でパワフルな彼の声が、正確なピッチで美しいメロディに乗る。完璧だ」

 リアム・ギャラガーがオアシス解散後に結成したビーディ・アイを経て、ファースト・ソロ『As You Were』で奇跡の復活を遂げるまでを追ったドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』が、2月17日にBlu-rayとDVDでリリースされた。

 オアシス脱退後もリアムと親交を続けている初期メンバー、ポール・“ボーンヘッド”・アーサーズや、ギャラガー兄弟の長男ポールや実母のマギー、現在リアムのマネージャー兼パートナーであるデビー・グワイサーら、近しい人々の証言を交えながら、貴重な映像とともに構成された本作。監督は、本作のために10年以上にわたってリアムを撮影してきたチャーリー・ライトニングと、これまでにも数多くのドキュメンタリー作品を手掛けてきたギャビン・フィッツジェラルドが務めた。

 Blu-rayには特典映像として、本編未公開映像を収録。冒頭に紹介したのは、イギリスの音楽誌『Q』のエディターであるテッド・ケスラーが、その映像の中で述べていたものである。リアム・ギャラガーの歌声の魅力について、これほどまでにシンプルかつ的確に表した言葉はそうないだろう。

 とはいえ本作『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』は、偉大なるロックンロール・スターの「栄光の軌跡」を、きらびやかに描き出しているわけでは決してない。ポール・マッカートニーに10年間密着取材した経験を持つライトニング監督は、音楽サイト「THE LINE OF BEST FIT」のインタビュー(「As It Was director says Liam Gallagher is “just a normal geezer that has his bad days”」)の中でリアムのことを、「辛い時期も経験した普通のヤツに過ぎない(He’s just a normal geezer that has his bad days)」と述べており、本作については「オアシスについての映画や、『オアシス:スーパーソニック』(オアシスのドキュメンタリー映画)の続編などとは思ってほしくない」と前置きしていた。

 そう、ライトニングが敢えてオアシスにさほど精通していないギャビン・フィッツジェラルドを共同監督として迎えたのも、本作をオアシス・ファンはもちろん、そうではない人々にも訴えかけるような作品にしたかったからだろう。実際のところ本作は、1人の男の成功と挫折、そしてそこからの再生を描いた、優れたドキュメンタリー作品に仕上がっているのだ。

 オープニングでは不穏なBGMとともに、オアシス時代のギャラガー兄弟(主にリアム)の不遜な態度を捉えた映像がコラージュされ、バンド解散のきっかけとなったパリの音楽フェス『ロック・オン・セーヌ』(2009年)の様子が映し出される。ノエルが出番直前にステージを去り、会場にいたオーディエンスからは激しいブーイングの嵐。映画は波乱の幕開けだ。

 稀代のソングライターであるノエルと、ロックンロール・スターを体現したようなシンガー、リアムを擁するこのスーパーバンドが、一体どのようにして解散へと至ったのかについては、ここでは割愛する。ともかく、オアシスを失ったリアムはその「喪失」に蓋をするかのように、残ったメンバーとすぐさまビーディ・アイを結成。アパレル・ブランド「Pretty Green」を立ち上げるなど、精力的に活動を続けた。が、「バンドであること」にこだわり過ぎたこともあってか、ビーディ・アイは志半ばで座礁してしまう。さらに離婚騒動など私生活でのトラブルが重なり、一時リアムはアルコールに溺れる「どん底」の状態に陥ってしまうのだ。