>  >  > 『ヒンディー・ミディアム』本編映像

イルファーン・カーンのセールストークが炸裂 『ヒンディー・ミディアム』本編映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月6日に公開される『ヒンディー・ミディアム』より、本編映像が公開された。

 本作は、ハリウッドでも活躍するインドの名優イルファーン・カーンを主演に、“インドのお受験”を描く教育エンターテインメント。デリーの下町で洋品店を営む夫婦が、娘の“お受験”のために、階級を飛び越え富裕街に貧民街にと、住まいまで変えて悪戦苦闘する中で、人生において本当に大切なことに気付くまでを描く。

『ヒンディ―・ミディアム』本編映像

 このたび公開された本編映像は、本作の主人公である衣装店社長・ラージ(イルファーン・カーン)のセールストークを捉えたシーン。下町出身のラージは、持ち前の衣装デザイン能力と女性の心をつかむ接客術で、自身の結婚衣装店“バトラ ファッション・スタジオ”を成功させ、社長として充実した日々を送っている。

 映像では、スタッフの接客に業を煮やしたラージが、自ら接客に乗り出し、結婚式を控える娘母に高級ドレスを買わせようとする。短時間で客の性格や好みを見抜き、「見たらきっと恋をする。VIPのお客様だけ」と相手を持ち上げながら、地下倉庫にあった新作ドレスを披露。母娘が注目する中ドレスを羽織り、「トラディショナルとモダン。伝統と革新」と衣装を見せながら、2人をすっかり買う気にさせることに成功。ところがラージは、妻のミータから着信があるやいなや「お客様は神だが、妻は母神様。逆らえませんよ」と笑顔を浮かべながらあっさり店を後にしてしまう。このシーンの後、ミータと合流したラージは娘が目指す私立名門校の見学に向かうのだった。

 カーンは、「インド映画には、いま、新しいテーマが求められている」と語り、インド国内で起きている熾烈な受験戦争の中で忘れられがちな“大切なこと”を描いていく本作の魅力について「人の心の奥底を揺り動かすストーリーは、前向きな力と社会の進歩的な改革をもたらしてくれるだろう」とコメントを寄せている。

■公開情報
『ヒンディー・ミディアム』
9月6日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督・脚本:サケート・チョードリー
脚本:ジーナト・ラカーニー
出演:イルファーン・カーン、サバー・カマルほか
配給:フィルムランド、カラーバード
2017年/インド/132分/ヒンディー語/原題:Hindi Medium/シネマスコープ/カラー/5.1ch/映倫G
公式サイト:hindi-medium.jp
公式Twitter:@filmland_inc

「イルファーン・カーンのセールストークが炸裂 『ヒンディー・ミディアム』本編映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版