>  >  > 『お嬢さん』官能的な本編映像

キム・テリとキム・ミニの下着姿があらわに 『お嬢さん』官能的な本編映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』より、本編映像が公開された。

 本作は、「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得したサラ・ウォーターズの『荊の城』を映像化したサスペンス。1939年、日本統治下の朝鮮半島を舞台に、孤児の少女・スッキ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子、秀子の財産を狙う詐欺師ら、それぞれの思惑が入り乱れ、騙しあいと復讐が繰り広げられる模様を描く。

 このたび公開された本編映像は、スッキと秀子が着替え合いをするシーン。コルセットを締め上げ下着姿があらわになる様子や、2人の距離が縮まっていく模様、着替えも満足にできないお嬢様を「まるで侍女の人形ね」と心の中で思うスッキ、着飾ったスッキを見て意味深な笑顔を浮かべる秀子などが収められている。

『お嬢さん』本編映像

■公開情報
『お嬢さん』
3月3日(金)TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
監督:パク・チャヌク
原作:サラ・ウォーターズ「荊の城」(創元推理文庫)
キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン
配給:ファントム・フィルム
2016年/韓国/145分/シネマスコープ/5.1ch/R-18指定
(c)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:ojosan.jp

「キム・テリとキム・ミニの下着姿があらわに 『お嬢さん』官能的な本編映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版