SNSで話題! シロガオサキのモップくんの生活を記録した『今日のモップくん』書籍化

 世界屈指のサル類専門の動物園「日本モンキーセンター」の公式TwitterやYouTubeで大人気となっている、顔だけ白い霊長類・シロガオサキの「モップくん」の日々の生活をまとめた書籍『今日のモップくん シロガオサキのモップくん観察記』が、4月23日に株式会社blueprintから発売される。

 モップくんは、南米に生息する霊長類シロガオサキのオス、17歳。全身は黒で顔だけが白い、見た目のインパクトの強いサルの仲間。担当飼育員の根本慧が日本モンキーセンターの公式Twitterにて【今日のモップくん】と題した投稿を毎日続けたところ、その特徴的な風貌や独特の行動、根本慧のユニークなコメントで注目を集めて人気者に。

 日本モンキーセンターは愛知県犬山市にあり、入場者数の減少に悩む動物園だが「モップくん」人気のおかげで、「来園したことはないが日本モンキーセンターを”応猿”しています」というSNSへの書き込みが増え、寄附の果物や野菜が全国から届くという現象が起きている。石渡マキコ、三宅弘城ら、著名人たちもモップくんのツイートにひかれて来園。モップくんとの“記念写真”も本書には収められている。中でも竹下景子は、自ら”モッパー“(モップくんのファン)であることを公言している。

 書籍『今日のモップくん シロガオサキのモップくん観察記』には、2018年7月から2020年12月までの【今日のモップくん】を完全収録。担当飼育員にしか撮影できない、モップくんの様々な表情をとらえた写真と、毎日モップくんを観察している飼育員視線のコメントが、シロガオサキという生きものの魅力を活き活きと伝えている。

 さらに、シロガオサキとはどんなサルなのか、分類や生態についての解説、食べ物や一日の過ごし方を動物園と野生の両方から解説するなど、書き下ろしコンテンツも満載。「モップくん大解剖!!」では、骨格イラストを用いてモップくんの体を透かしてみたり、ふだんは見ることのできない身体の部位の写真も掲載。モップくんという、キモかわいい生きものを入り口に、シロガオサキというサルがくらす南米の森に想いをはせたり、霊長類の体のつくりを学んだりと、子どもから大人まで”楽しく学べる”新感覚の動物観察記となった。

 『今日のモップくん シロガオサキのモップくん観察記』は現在、Amazonほかで予約受付中。日本モンキーセンターでは4月14日は「モップくん爆誕祭」の参加者限定で、4月15日より一般来園者向けに、先行販売も行う予定だ(数量限定)。各店舗における特典は後日発表する。

■書籍情報
『今日のモップくん シロガオサキのモップくん観察記』
著者:根本慧(公益財団法人 日本モンキーセンター)
発売日:4月23日予定
定価:2,750円(本体2,500円+税)
出版社:株式会社blueprint