西森路代とハン・トンヒョンの対談&評論集刊行へ 『パラサイト 半地下の家族』など韓国映画/ドラマの魅力を語りあう

 西森路代とハン・トンヒョンの対談&評論集『韓国映画・ドラマ――わたしたちのおしゃべりの記録 2014~2020』 が3月1日に発売される。

 世界の映画賞を独占した『パラサイト 半地下の家族』『はちどり』、 そして韓国ドラマブームを再燃させた『愛の不時着』などで勢いづく韓国映画・ドラマ。本書はその魅力を、2014年から語り合ってきたふたりの、ウェブ媒体や雑誌でのテキストに新録分を追加した対談&評論集。

  社会性と娯楽性のハイブリッド、ジェンダーや階層への配慮、真摯なメッセージ性など、あらゆる要素の洗練を極めた韓国の映画・ドラマの世界を、日本との比較も含めながら、存分に語る。また、映画・ドラマとシンクロして昨今盛り上がりを見せる韓国文学やそこから派生したフェミニズム議論などについての話も収録している。

<帯コメント> 

西森さんとハンさんのおしゃべりに頷いたり、唸ったり、溜息をついたり。なにかを突きつけられた気もして焦ったりもした。おしゃべりって大事なことだな。 
――小泉今日子(俳優) 

政治的に優しく、賢く、頼もしい韓流レッスン。映画・ドラマを語ったら、日本のいままで/これからがこんなに見えてきた。 共感だけにとどまらない、「面白さ」の語り方。
――斎藤真理子(韓国語翻訳者) 

<推薦コメント> 

仲がいいわけでもない、対決しない、「俺がスゴい」も競わない。そんな7年間のおしゃべりは、何度も戻る、急がない。更新される「韓国の映画とドラマ」について話すうち、更新される2人。そのおしゃべりに加わりたくなる。誰かとじっくり話すのは、自分と話すことなんだ。 
――町山広美(放送作家)

■書籍情報
『韓国映画・ドラマ――わたしたちのおしゃべりの記録 2014~2020』
著者:西森路代、ハン・トンヒョン 
出版社:駒草出版(株式会社ダンク 出版事業部) 
発売日:3月1日
定価:本体 1700 円+税 

<目次> 
第1章 2020年に日本公開された象徴的な二作品 『パラサイト 半地下の家族』と『はちどり』について
第2章 2010年代の韓国映画(対談、評論) 
第3章 変わりゆく韓国ドラマ~世界のトレンドや日本との比較など 
第4章 韓国映画・ドラマのこれから~女性監督の躍進とヒット映画に見る時代の気分 

<取りあげている映画・ドラマ> 

『パラサイト 半地下の家族』『はちどり』『82年生まれ、キム・ジヨン』『タクシー運転手 約束は海を越えて』『ベテラン』『愛の不時着』『梨泰院クラス』『秘密の森』シリーズ『サイコだけど大丈夫』『椿の花咲く頃』『私のおじさん~マイ・ ディア・ミスター』『保健教師アン・ウニョン』etc 

<著者プロフィール> 

西森路代(にしもり・みちよ)| 1972年、愛媛県生まれのライター。大学卒業後は地元テレビ局に勤め、 30歳で上京。東京では派遣社員や編集プロダクション勤務、ラジオディレクターなどを経てフリーランスに。香港、台湾、韓国、日本のエンターテインメントについて執筆している。著書に『K-POP がアジアを制覇する』(原書房)、共著に『女子会 2.0』
(NHK 出版) など。 

Twitter アカウント @mijiyooon

ハン・トンヒョン(韓東賢)| 1968年、東京生まれ。 日本映画大学准教授(社会学)。専門はネイションとエスニシティ、マイノリティ・マジョリティの関係やアイデンティティ、差別の問題など。主なフィールドは在日コリアンを中心とした日本の多文化状況。著書に『チマ・チョゴリ制服の民族誌(エスノグラフィ)』(双風舎)、『平成史【完全版】』(共著、河出書房新社)、『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア』(共著、勁草書房)など。 

Twitter アカウント @h_hyonee