フォーリンラブ・バービーの「性教育に対する主張」とは? 「NO」を言うために必要なこと

 「イエス、フォーリンラブ!」

 彼らのネタを初めて見たのは今から10年ほど前のこと。彼女が芸人として日々いろんな仕事をしながら考えていたあれこれを読むと、感慨深い気持ちになる。女性が芸人として食べていくのはいばらの道だ。男性がウケたネタを女性がやったとしても、同じようにウケるとは限らない。「おい!アンタッチャブルのザキヤマさんおるで!」と養成所で1個上の先輩にいじられ、人生初めてのいじりに衝撃を受ける。それが相方のハジメとの出会いだった。彼らは男女コンビの強みを生かしたネタでブレイクし、バービーは現在地元・北海道栗山町の町おこしやピーチジョンとのコラボで女性用下着の製作にも携わるなどその活動は多岐に渡る。本書『本音の置き場所』はバービーがFRaU webに連載していたエッセイをまとめたもので、タイトルの通り本音がたくさん詰まっている。

 バービーは4人兄妹の末っ子として産まれた。「家族計画に失敗」し「お金もないし、産むか迷」った母が担当医に相談したら「この子はきっとあなたを助ける存在になる」と言われ産むことにしたという。子どもにとって衝撃的なことをさらっと言ってのける肝っ玉なお母さん。〈最初からなかったも同然の命〉と割り切って生きてきたバービーにもその血は脈々と受け継がれている。家族のペット的存在であったと自身の幼少期を振り返る彼女はいい意味で干渉されず、期待もされず、のびのびと育った。

関心を持ってもらえないことで、どこか寂しい思いをしていたが、距離を保ちながらも、ありのままを受け入れる愛情というものを、そのときやっと感じたような気がした。

 子どもに干渉しすぎず期待しすぎず、愛情はきちんと注ぐ。「言葉を覚えるのが遅かった」と成長してから何でもないことのように語った母。この子なら大丈夫と、どんと構えて子どもに不安を感じさせなかったからこそ、現在のバービーがある。

 バービーは本書の中で「性的同意」について1章丸々使って自分の思っていること、考えていることを丁寧に語っている。性行為における「YES」「NO」が曖昧である今の現状に対して、彼女の怒りが静かに、でも確実に伝わってくる。性的同意の話と付随して若者の性にも触れ、早いタイミングでの性教育が大事であると主張する。