>  >  > TOKIO 国分、滝沢秀明の溶岩湖趣味に驚愕

TOKIO 国分太一、滝沢秀明の溶岩湖趣味に驚愕 「これさ、プライベートで行ってるんだよ!」

関連タグ
タッキー&翼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOKIOがMCを務めるバラエティー『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の2月7日放送回では、ゲストにタッキー&翼 滝沢秀明を迎え、「世界4人目の偉業…滝沢秀明は秘境探検家▽青のり偏愛(秘)食べ方」の模様がオンエアされた。

 同番組には、2014年から毎年ゲスト出演している滝沢。それがきっかけで、2015年には国分太一と二人で中華ランチをしたという。国分は当時を振り返り、食事会では様々な話題で盛り上がったものの、ふと「そろそろもう話す内容なくなってきたな……」という瞬間があったと明かす。その時に、国分の口から出た質問は「タッキー、趣味は?」というもの。そして、滝沢の答えは「溶岩湖を見るのが好きなんですよ」。滝沢は、海外にまで溶岩湖を見に行くのだとか。松岡昌宏が「イエローストーンとか?」と尋ねると、「いや、本当のマグマです」と答え、実際の巨大な溶岩湖の映像を流しながら、その魅力について説明し始める。

 滝沢は、医師やカメラマン、学者などとチームを結成して溶岩湖に行くため、ガイドはつけないという。さらに、約10メートルないくらいの距離からマグマを観察しているのだとか。それを聞いた長瀬智也が「そんな近いんだ!? 熱いでしょ!!」と驚くと、滝沢は「はい。熱いです」と即答。続けて、「温度は一応僕らが測った数値だと、1,050度でしたね」と口にすると、国分が「1,050度の場所にいるの!? 大丈夫なの!?」と興奮気味に質問した。

 滝沢は、昔から映像撮影や編集が趣味だったため、溶岩湖に行った際も、山登りから自分たちでカメラを回しているという。そして、日本に帰ってきてから、自分で編集を行い、テロップやナレーションも付けてVTRを作成しているのだとか。それだけに止まらず、溶岩湖の気温や大きさなどを実地調査し、レポートにもまとめていることを明かした。あまりの情熱の注ぎ具合に、思わず国分が、「その映像、売ろうとしてんの!?」と聞くと、滝沢はすぐに「いやいや! 売らないです。自分たちだけで」と首を横に振る。滝沢にとっては、溶岩湖に行って、映像を撮影・編集することは、「ご褒美」であり、完全に趣味だと語った。

 そんな滝沢はこれまでに、世界で有名な溶岩湖5つのうち、バヌアツ共和国のマルムとベンボウ、エチオピアのエルタ・アレ、コンゴ民主共和国のニーラゴンゴの4つを制覇。残りの一つ、南極のエレバス山は、まだ人類誰も入ったことがなく、許可も取れないため、行けていないのだとか。

      

「TOKIO 国分太一、滝沢秀明の溶岩湖趣味に驚愕 「これさ、プライベートで行ってるんだよ!」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版