>  >  > NMB48山本彩らが恋愛トーク

NMB48山本彩「日ハムの中田翔さんがタイプ」 筋肉フェチぶりを『恋愛総選挙』で明かす

関連タグ
AKB48
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 土田晃之とAKB48の指原莉乃がMCを務める番組『恋愛総選挙』(フジテレビ系)の4月17日放送分で、AKB48メンバーが男性に望む年収などが明かした。

 同番組は、恋人のいない男女8人ずつが集まり、パーティーで恋人探しをする様子を見ながら恋愛観を語るバラエティ番組。ゲストのAKB48メンバーが、「恋愛禁止」とされる同グループの掟を破るかのような生々しい恋愛トークを行った。

 冒頭、ゲストの高橋みなみ、柏木由紀、小嶋真子、NMB48と兼任の山本彩がパーティーに参加した男性陣についてトークを行った。柏木は男性の第一印象について「ストールやカーディガンを首元に巻く人は好きじゃない。プロデューサー巻きとかいうやつも」と、好みではない着こなしについて語った。また、番組史上最年少の16歳でゲスト出演した、次世代メンバー「三銃士」の一人である小嶋は、今回のパーティーに参加した男性陣の年齢層が高いことに触れ、「パパと同じくらい......」と、37歳である自身の父親と対して変わらないことを告げた。

 番組は恋愛総選挙ラビットパーティー、通称「ラビパ」を見ながら進行。メンバーが男女の駆け引きに一喜一憂する中、番組から「何フェチかぶっちゃけて!」という質問が。これに対し山本が「私、筋肉が好きなんです。シャツを着た時に出る筋肉が好きで、タイプの人は北海道日本ハムファイターズの中田翔さん」と、完成された肉体を持つ野球選手の名前を挙げた。続けて小嶋は「スリムな人の首筋」と答え、土田から「年齢の割に渋いな!」と、少女らしくないフェチズムに対し、思わずツッコんだ。

 続いてぶつけられた質問は「結婚相手に求める年収はいくら以上?」という生々しい質問。最初に高橋が「800万円」と答え、山本は「自分より上~1000万まで。1000万より上だと価値観が変わってくる」と続けるなど、それぞれが現実的な回答を見せる。指原は「自分より稼いでる人」と答えるが、その右上に「1000万」という表記も。これに対し土田が「指原より1000万稼ぐってことは......2億1000万は必要ってことかな」と、「指原年収2億説」を唱え、スタジオは爆笑に包まれた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版