中尾明慶、スーパーカブの“超ヤバい”フルカスタムを進行中 バイク芸人・井戸田潤もタジタジに

 シリーズ累計生産台数1億台を突破するホンダのスーパーカブ。その所有者の中には、同モデルに思い思いのカスタムを施して楽しむバイカーも多い。俳優の中尾明慶も、そんな自分だけの一点ものを目指すカブオーナーの一人。自身のYouTubeチャンネルで、スーパーカブの購入からカスタムするまでを動画シリーズとして届けている。

 もともと大の車好きで、バイクにも造詣が深い中尾。カスタムカブに挑戦するきっかけとなったのは、親交のあるハンバーグ師匠こと、スピードワゴン・井戸田潤だった。中尾は、井戸田から度々カスタムしたハンターカブを自慢されたことで、「師匠のカブよりカッコいいカブを作りたい」と闘争心に火が付いた。

 そこで、2月2日に公開した動画にて、群馬県太田市にあるスーパーカブ専門店「GARAGE521」を訪問。店内で販売されるカッコよく改造されたカブの数々を見て、「ステッカーは当時のまま残したい」「マフラーは角度を付けない」など、断片的にイメージを膨らませたものの、即購入には至らなかった。

【即購入】スーパーカブ、フルカスタムして超ヤバいの作る

 しかし、4月9日公開の動画で急展開を迎える。ゲスト出演した井戸田が「あなたもカブやろうとしてるよね?動画見たよ」と言うと、中尾は「俺の見に行きましょうよ」と提案。どうやら中尾は、いつの間にか納車を済ませていたようだ。そんなわけで、井戸田を半ば強引に車に乗せ、再び「GARAGE521」を訪れた。

 こうして、東京都心から遠路はるばる群馬までやってきた井戸田。中尾に促されるままバイクカバーを取ると、姿を現したのは「2006年式 スーパーカブ90カスタム」のベース車両だった。中尾によると「今日がスタート」とのこと。わざわざ遠出した挙句、何も改造されていない古びたカブを見せられた井戸田は「えっ、俺何しに来たの? もう出来上がってるのかと思った」と困惑していた。

 続く4月13日の動画では、「カスタム前の状態で一度走りたい」という中尾の希望でツーリングへ。お店のカスタムカブを借りた井戸田と2人で市内の車道を走行した。走り終えて、企画を締めようとする井戸田に対して、中尾は「もう帰ろうとしてます? ここからですよ」と言い、無理やり スーパーカブ90カスタムの解体作業に付き合わせていた。