ゆめっち、田辺さん、バービー……女性芸人の“スッピン&メイク動画”はなぜヒット?

 お笑いコンビ・3時のヒロインのゆめっちによるメイク動画が人気を博している。

 メイク動画が、美容系YouTuberの専売特許だった時代も今は昔。現在は、様々なジャンルのYouTuberが老若男女問わず挑戦しており、そのすそ野は広がり続けている。それに多様性が認められる今の時代。誰がどのようなスタイルでメイク風景を披露しようが、受け入れられる素地がある。

 とはいえ、再生数を稼げるかどうかは別問題だ。今回、3時のヒロインの公式チャンネルで公開された「ゆめっちの最近の毎日メイクを雑談しながら紹介していくよぉ〜【すっぴん大公開】」と題した動画の冒頭、部屋着&すっぴん姿で登場したゆめっちは「(自分のメイクに)あまり需要がないかもしれない」と懐疑的。「メイク動画をしたことがないので、色々教えていただけたらなと。日常を覗き見していく感じで見てください」と控えめにアナウンスした。

ゆめっちの最近の毎日メイクを雑談しながら紹介していくよぉ〜😘【すっぴん大公開】

 本人は需要を疑っていたが、結果的に再生数は100万回超え。これにはゆめっちも驚いたらしく、自身のTwitterで「まさかの100万回再生突破」と喜びのコメントを綴っていた。

 そもそもこの動画、サムネイルの時点からインパクト抜群だ。気の抜けたようなすっぴん顔のBefore→バッチリメイクのAfterが図示された画像は、突出した絵力(えぢから)と、外国人が見ても一目でわかる明瞭さを併せ持つ。このように、劇的に変貌を遂げたBefore/Afterの顔を全面的にフィーチャーしたサムネイルにより「いったいどうやって!?」的な引きをつくる手法は、古くは美容系YouTuberのまあたそなどが多用しており、最近では、研ナオコが大バスりを起こしている。

 むろん、メイク映えするだけでなく、売れっ子芸人であるゆめっちは、化粧中のトークも達者だ。リップを塗る時には「小学生のころからリップを塗る度に唇がボロボロになって、なぜかと思って皮膚科に行ったら、薬用リップアレルギーだった」と述懐。また、髭を剃る際には「私、人よりも男性ホルモン多いから、朝剃って夕方生えてるって感じなんです」と明かし、マスカラを塗る際には「霜降り明星のせいやさんと仕事が一緒だった時に『え~嘘でしょ~!』みたいな感じで、目を見開いたら『こっち見んで』とめちゃくちゃ怖がられた。せっかくこんなに(目を)可愛く大きくしてるのに」と語るなど、パーツごとのエピソードトークが尽きない。

 こうして出来上がったゆめっちのメイク。コメント欄には、見慣れたメイク姿よりも、あまり見ることのないすっぴん顔に対する声が多く、「すっぴんのゆめっち、普通に素敵なお嬢さんだった」など、称賛のメッセージが相次いだ。加えて、「話し方でいい子だなってわかる」「この娘はすごく素直で本当に美人だと思う」など、テレビとは違い落ち着いたトーンの話し方にも好感の声が多数寄せられた。