乃木坂46・3&4期生が続々登場 『ノギザカスキッツ』毛利PのYouTubeチャンネルがアツい

 運営の方針からか、乃木坂46の現役メンバーがYouTubeの個人チャンネルを開設したことは、開設時点で既に卒業が決まっていた白石麻衣の例を除いて、過去にない。そのため、乃木坂公式チャンネルにて公開されるMVなどではない、いわゆる“YouTuberっぽい”企画動画に乃木坂メンバーが出演する機会は限られている。そんな中、乃木坂3、4期生による『ノギザカスキッツ ACT2』(日本テレビ系)のプロデューサー・毛利忍氏が運営するYouTubeチャンネルが異彩を放っている。

 日本テレビのプロデューサーである毛利氏は、本職であるテレビ番組制作の傍ら、YouTubeチャンネル「毛利Pチャンネル」を運営し、自身が手掛ける番組のオフショット的動画を頻繁に公開している。中でも数多く投稿されているのが、『ノギザカスキッツ ACT2』関連の動画だ。

 『ノギザカスキッツ ACT2』は、乃木坂3、4期生がキャラクターコントに奮闘する番組。毛利Pチャンネルでは、同番組で着用したコスプレをまとった乃木坂メンバーが、毛利Pと、番組MCを務めるさらば青春の光の森田哲矢or東ブクロをまじえてアフタートークをする動画シリーズ「収録後の小話」が人気を集めている。

ノギザカスキッツ『収録後の小話〜ノギザカプラス山下美月』

 アフタートークであるため、当然、本編を見たほうが楽しめるのは間違いない。しかし、毛利Pの出しゃばり過ぎず引っ込み過ぎずの程よい距離感の場回し、森田及び東ブクロのトーク受けのうまさも相まって、コントを見ていなくても十分一つのトーク動画として楽しめるようになっている。

 さらに、さらば青春の光のラジオなどでは下衆なトークを繰り広げる森田が、清純派アイドルの乃木坂メンバーたちを前にすると、TPOをわきまえた分別ある会話をし、時に良き兄貴分及び保護者のような一面をのぞかせるのも魅力の一つ。

 コントの出来栄えについて「上手にできなさ過ぎて申し訳ないです」と落ち込む矢久保美緒に対しては、「そんなことなかったよ」と優しく声をかけ、社交的で年上に対してもガツガツいけるキャラの早川聖来に対しては、「お前」「こいつ」といじったりするというメンバーの個性に合わせた対応をしており、コメント欄では、「アイドルと絡んでる森田を見に来てる」「森田お父さんみたいになってきてる」「最近森田の4期愛が言葉にせずとも伝わってくる」など、森田にフォーカスした意見も多い。