市川染五郎、『鎌倉殿の13人』で大河ドラマ初出演 “大姫のフィアンセ”木曽義仲に

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、木曽義高役を市川染五郎が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 木曽義高は、源頼朝(大泉洋)の従弟・木曽義仲の嫡男。頼朝と政子(小池栄子)の娘・大姫(南沙良)と婚約するのだが……。

 市川は本作が大河ドラマ初出演。演じる木曽義仲については、「悲劇的なところにとてもひかれました。三谷さんがどのようなキャラクターに仕上げられるのかまだわかりませんが、視聴者の皆様に義高という人物の魅力をお伝えできるよう演じたいです」とコメントを寄せている。

市川染五郎 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

演じさせていただく木曽義高の悲劇的なところにとてもひかれました。三谷さんがどのようなキャラクターに仕上げられるのかまだわかりませんが、視聴者の皆様に義高という人物の魅力をお伝えできるよう演じたいです。

大河ドラマ出演について

今回、初めて出演させていただきます。

三谷幸喜作品への出演について

2019年6月三谷かぶき「月光露針路日本-風雲児たちー」に出させていただき、三谷さんにはお芝居についてたくさんのことを教えていいただきました。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK