麻生祐未、『テセウスの船』に続き重要な役どころに 『危険なビーナス』終盤の鍵を握るのは……?

 隣に座る親族の誰かはよく知る別の誰かとつながっていて、姉弟だと思っていた2人は実は親子だった。なんてことが起きるはずがないとは限らないのが『危険なビーナス』(TBS系)だ。

 第7話で禎子(斉藤由貴)の死の真相を追う伯朗(妻夫木聡)と楓(吉高由里子)が目にしたのは、取り壊されたはずの母の実家だった。明人(染谷将太)が残した手紙から、犯人の手がかりを探る2人の前に意外な人物が現れる。康治(栗原英雄)から家の管理を託された伊本(石井愃一)は、禎子の生前に佐代(麻生祐未)が訪れていたこと、その際に鍵を貸したことを明かす。伯朗は、佐代が禎子を殺したのではないかと疑念を抱く。

 失踪した明人と矢神家の遺産をめぐる本作は「ラブサスペンス」と銘打たれているが、誤解を恐れずに言うと、サスペンス要素はそこまで強くない。代わりに伯朗と楓によるバディものミステリーとしての色合いが出ている。なかなか真相が明かされず、もどかしい時間を過ごす視聴者も少なくないと思われるが、行ったり来たりしながら徐々に進行する謎解きを、まったりと味わうのが本来の楽しみ方かもしれない。

 伯朗が話を聞きに行った佐代は、勇磨(ディーン・フジオカ)の母親であり、先代・康之介(栗田芳宏)の愛人から養子になった経歴の持ち主。勇磨とともに矢神家の遺産を狙う「したたかな女」というイメージを強調しておいて、伯朗に対して別の顔をのぞかせる切り替えが鮮やかだった。バイプレイヤー女優・麻生の日曜劇場出演は『テセウスの船』(TBS系)以来。同作で事件の鍵を握る重要な役どころを演じ、視聴者をハラハラさせたことは記憶に新しい。

 『危険なビーナス』の矢神家では、今のところ骨肉相食むドロドロの争いには至っていないが、白でも黒でもなく、味方か敵かも判然としないグレーな関係性は、より一般的な親族のリアルを映し出しているように見える。これは、麻生や戸田恵子、安蘭けいたちベテラン女優の巧みさに支えられている部分が大きい。

 伯朗は、佐代から両親の真実を聞かされる。佐代は、康治と禎子のなれそめを知っており、伯朗から尋ねられて、伯朗の実父である一清(R-指定)のことを話し出した。楓が登場するまで、伯朗は両親や康治の過去を知らず、楓という存在が、何重にも重ねられた矢神家の秘密のヴェールを取り去る結果になっていることは興味深い。