WOWOWオリジナルドラマ『竹内涼真の撮休』特集 11月6日(金)深夜0:00放送開始

有村架純に続く『撮休』シリーズ第2弾!
『竹内涼真の撮休』の見どころを徹底解説

 2020年3月から5月にかけて放送され話題を呼んだ『有村架純の撮休』に続く、『撮休』シリーズ第2弾となるオムニバスドラマ『竹内涼真の撮休』が11月6日深夜0時よりスタートする。多忙な毎日を送る人気俳優・竹内涼真は、ドラマや映画の撮影期間に突然訪れた休日、通称“撮休”をどう過ごすのだろうか? 知られざる竹内の“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、竹内本人が演じる。
 今回監督として、映画『ここは退屈迎えに来て』『余命1ヶ月の花嫁』など数多くの作品を手掛ける廣木隆一、映画『ミッドナイトスワン』の内田英治、そして現役の慶應義塾大生であり、映画、ドラマ、MVを多数手掛ける松本花奈の3名が参加。脚本には、ドラマ初挑戦となる若手監督・脚本家の首藤凜、ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』(テレビ東京系)の構成を手掛けた竹村武司、前作に引き続き参加するペヤンヌマキ、ふじきみつ彦ら個性的な脚本家たちが集結した。
 リアルサウンド映画部では、第1弾『有村架純の撮休』に続き、映画・ドラマに詳しい識者によるコラムによって、『竹内涼真の撮休』の魅力を紐解いていく。