千葉雄大、麻生久美子、バイきんぐ小峠ら、阿部サダヲ×吉岡里帆『音量を上げろタコ!』出演へ

 阿部サダヲと吉岡里帆が共演する映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開日が10月12日に決定。あわせて追加キャストが発表された。

 本作は、ドラマ『時効警察』シリーズや映画『俺俺』などの作品で知られる三木聡が監督・脚本を務めるロックコメディ。カリスマ的な人気を誇る驚異の歌声を持つロックスターだが、その歌声は“声帯ドーピング”というタブーな方法によって作られたという秘密を持つシンが、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱えるなか、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうかと出会ったことによって、運命が変化していく模様を描く。

 主人公シン役を阿部、ヒロインのふうか役を吉岡が演じる本作の追加キャストとして、千葉雄大、ふせえり、麻生久美子、田中哲司、松尾スズキ、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子 池津祥子、森下能幸、岩松了の出演が決定した。

 シンのマネージャー坂口を演じるのは『殿、利息でござる!』で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した千葉。「グチャグチャドロドロになって振り回される役回りでもあるのですが、全てが超興奮でした。尊敬する阿部サダヲ先輩とまたご一緒できたのも嬉しかったです。真剣に遊ぶ現場でした」と自身の役どころと撮影を振り返る。

 ふうかの親戚・デビルおばさん役のふせは「生きてると、色々、やな事、面倒くさい事があるけど、この映画を見て、『まぁいいや、いいし。』と思って頂けたら、何よりです」とコメント。シンの所属事務所社長を演じる田中は「脚本を読んだ段階で、既に傑作の予感がしました」と語り、ザッパおじさん役の松尾は「三木さんにはドキドキさせられっぱなしです」と何度もタッグを組んでいる三木組の現場を振り返った。

 また、謎めいた女医を演じる麻生は『時効警察』をはじめ三木聡監督作品に多数出演。「久々に三木さんの台詞を言葉に出来て、本当に感無量」とコメントした。さらに、お笑いコンビバイきんぐのツッコミ・小峠がロックバンドのボーカル・自滅役を演じるほか、ドラマ『セトウツミ』で注目を集める片山、『野火』の中村、大人計画所属の池津が出演。三木監督作常連の森下はよろこびソバのおじさん役、岩松は無料レコード社長役と、個性的なキャストが揃った。

追加キャスト コメント

千葉雄大

三木監督の世界に入れることを本当に幸せに思いながら日々撮影しておりました。
僕が演じる坂口はグチャグチャドロドロになって振り回される役回りでもあるのですが、全てが超興奮でした。
音楽も最高にかっこよく、そして、尊敬する阿部サダヲ先輩とまたご一緒できたのも嬉しかったです。
真剣に遊ぶ現場でした。
みなさまにも早くこの世界にまざっていただきたいです。

麻生久美子

久々に三木さんの台詞を言葉に出来て、本当に感無量でした!
見た目はパンチが効いてますが(笑)、一生懸命マジメに演じましたので、楽しんでいただけたらと思います。

ふせえり

生きてると、色々、やな事、面倒くさい事があるけど、この映画を見て、「まぁいいや、いいし。」と思って頂けたら、何よりです。

田中哲司

久しぶりの三木監督、楽しかったです。しかも、今回はリハーサルも何回かやらせて頂き、今までやった事ないような役にトライさせてもらって、三木組を堪能しました。そして今回、脚本を読んだ段階で、既に傑作の予感がしました。

松尾スズキ

三木さんの映画には主役でデビューさせていただきました。次に出たときは準主役、それからテレビで脇役、次に映画に出させていただいたときは、ワンカットのみ。となれば次は、声の出演だけ、くらいを覚悟していましたが、今回脇役に戻していただきました。三木さんにはドキドキさせられっぱなしです。

■公開情報
『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー
出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ
監督・脚本:三木聡
配給・制作:アスミック・エース
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会  
制作プロダクション:パイプライン
(c)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
公式サイト:http://onryoagero-tako.com/