『SWITCH』年末恒例オーディオ特集 音楽家・小林武史のプライベートルームに潜入

 年末恒例オーディオ特集が掲載される『SWITCH』12月号が、11月20日に発売される。今年のテーマは「パーソナルリスニング」、そして 「2020年のサウンドトラック」。

 2020年はコロナ禍により、例年以上に音楽と過ごす時間を大切にしてきた人も多いだろう。今回の特集では音楽家・音楽プロデューサーである小林武史を筆頭に、さまざまな表現者のプライベートルームへの取材を敢行。クラシック再生に定評のあるタンノイ製スピーカーを中心にさまざまな最新モデルからビンテージモデルまで、自分好みの「音」にはどのようにして辿り着いたのかを訊いたインタビューも。さらに、写真集『針と溝』で知られる写真家・齋藤圭吾が語るアナログサウンドの魅力も。また、異なるシチュエーションでの音楽の愉しみ方や新作オーディオの紹介など、十人十色のリスニングスタイルを徹底取材し、表現者たちの証言からこれからの音楽との暮らし方を紐解く。

 スタイリスト・写真家の熊谷隆志は、高品位ヘッドフォンリスニングを体験。コロナでの自粛期間中は自宅のスピーカーで音楽を聴いていたという熊谷が「これはすごい」と唸ったAudio-Technicaのバランスヘッドフォンアンプで聴く新時代のヘッドフォンリスニングとは。さらにチェリスト・溝口肇が語るボルボの車が放つ最新のオーディオシステム、佐藤千亜妃がBang & OlufsenのBlutoothスピーカー&ヘッドフォンのサウンドを語る。

 そのほか、2020年の最新オーディオ総決算とし注目プロダクトを一挙紹介。日本におけるハイエンドオーディオ文化を牽引し続けるアキュフェーズを徹底取材。また、今年創業95周年を迎えたLUXMANをはじめ、McIntosh、LINN、BALMUDA、Technics、SONYなどのオーディオブランドが放つ、注目プロダクトを紹介している。

■書誌情報
『SWITCH』Vol.38 No.12(2020年12月号)
特集:30年目の福山雅治
発売日:2020年11月20日
価格:1,000円+税
商品ページ:http://www.switch-store.net/SHOP/SW3812.html