木村拓哉、『Go with the Flow』から知る
アーティストとしての素顔

 木村拓哉が、2020年1月8日にアルバム『Go with the Flow』を発売。アーティスト活動を始動した。

 木村は2018年8月からラジオ番組『木村拓哉 Flow』(TOKYO FMほかJFN系全国38局ネット)をスタート。今作は、同番組での様々なアーティストとの交流がきっかけとなり、番組最初のアーティストゲストとなった稲葉浩志をはじめ、川上洋平([ALEXANDROS])、LOVE PSYCHEDELICO、森山直太朗、番組以外にも槇原敬之、水野良樹(いきものがかり、HIROBA)、Uru、小山田圭吾(コーネリアス)らが参加し、制作された。アルバムの最後には忌野清志郎から生前に贈られた楽曲「弱い僕だから」が収録されている。

 リアルサウンドでは、木村拓哉初のオリジナルアルバムとなる本作を多角的に紹介。木村拓哉と20年来の交流のある糸井重里氏へのインタビューや、音楽ジャーナリスト・柴那典氏によるコラムなど、貴重なエピソードや各楽曲の解説を通してアルバムの魅力について迫った。

Release Information

Go with the Flow
2020年1月8日発売

Go with the Flow 初回限定盤A
初回限定盤A(CD+豪華ブックレット仕様)
価格:¥6,000+税
Go with the Flow 初回限定盤B
初回限定盤B(CD+DVD)
価格:¥4,000+税
Go with the Flow 通常盤
通常盤(CDのみ)
価格:¥3,000+税