>  >  > ジュンスカ、ベストアルバム発売決定

JUN SKY WALKER(S)、初のオールタイムベストアルバム発売 “最後の原宿ホコ天”映像も初公開に

関連タグ
JUN SKY WALKER(S)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JUN SKY WALKER(S)が、初のオールタイムベストアルバム『ALL TIME BEST〜全部このままで〜1988-2018』をデビュー日の5月21日に発売する。

 今作には、30周年のベストソングとして30曲を収録。ボーナストラックとして、昨年末に行われた渋谷ラママでのカウントライブのレア楽曲10曲を加えたCD3枚組40曲のベストアルバムとなる。

 レコーディングには、カバーアルバム『BADAS(S)』の流れを汲み、サウンドプロデュースにONE OK ROCK等を手掛けるakkinを再び迎えて行われた。新曲のほか、「休みの日」「言葉につまる」「愛しい人よ」の2018年バージョンも収録。なお、「言葉につまる」「愛しい人よ」は寺岡呼人の初演奏楽曲となる。

 また、初回限定盤には、tvkで放送された音楽番組『Live TOMATO』から、現在ではすでに現存しない新宿コマ劇場と日清パワーステーションでのライブ映像が完全版として初のDVD化。1988年大晦日に放送された新宿コマ劇場のカウントダウンライブ、1991年11月の日清パワーステーションライブ映像の2本立てとなる。

 さらに、ジュンスカ“最後の原宿ホコ天”映像も本邦初公開。これは1988年11月27日、渋谷公会堂公演を終えた翌日の原宿歩行者天国でのシークレットゲリラライブの映像で、メンバー所有の記録用テープの中から発掘された映像となっている。同映像は、通常盤に封入されている「AR(拡張現実)」機能がプリントされたカードにスマートフォンをかざすことで視聴することができる期間限定のスペシャル特典。

 リリースに際し、ボーカル・宮田和弥は、「トイズファクトリー、エピック・ソニーレコーズ、アイビーレコードと在籍したレーベルの音源が、デビュー30周年の節目に1枚のベストアルバムとしてカタチになったことは、素直に嬉しく思います。そして、初DVD化となるライブ映像に関してもテレビ神奈川にはホントに応援してもらいました。あらためて、これまで関わりのあった全てのスタッフに感謝しています」「だからこそ、これからもJUN SKY WALKER(S)として一回でも多くライブを一曲でも多く楽曲をファンがいる限り、一日でも長くバンドを続けていきたい」とコメントしている。

 ジャケット写真は、デビューアルバム『全部このままで』を30年ぶりに完全再現。30年前当時と同じスタジオ同じカメラマンによる同じシチュエーションで撮影を行っている。写真家大川直人によるジャケット写真が後日公開される予定だ。

 ベストアルバム発売日の前々日の5月19日には、ジュンスカにとって初の中野サンプラザ公演を控えており、チケット一般発売日は、4月14日から主要プレイガイドで発売となる。

 今後もデビュー30周年アニバーサリープロジェクトとしての「J(S)W XXX PROJECT」によるコラボレーション企画も30周年記念特設サイトにて続々発表予定だ。

■リリース情報
『ALL TIME BEST~全部このままで~1988-2018』
発売:2018年5月21日(水)
【初回生産限定盤(3CD+DVD)】
価格:¥4,500(税抜)
【通常盤(3CD)】
価格:¥3,500(税抜)

<CD収録曲>
※初回・通常共通
・DISC1
1. 全部このままで (1988.05.21 「全部このままで」より)
2. MY GENERATION (1988.05.21 「全部このままで」より)
3. いつもここにいるよ (1988.05.21 「全部このままで」より)
4. すてきな夜空 (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
5. 声がなくなるまで (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
6. 明日が来なくても (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
7. 歩いていこう (1989.06.21 「歩いていこう」より)
8. 風見鶏 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
9. 砂時計 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
10. エルマーの夢 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
11. 白いクリスマス (1989.11.21 「白いクリスマス」より)
12. Let’s Goヒバリヒルズ (1990.06.28 「Let’s Go Hibari-hills」より)
13. START (1991.02.21 「START」より)
14. メロディー (1991.02.21 「START」より)
15. 僕を灰に (1991.02.21 「START」より)
16. スケッチブック (1991.11.15 「TOO BAD」より)
17. ロマンチック (1992.11.11 「STAR BLUE」より)
18. 時の列車 (1994.05.21 「DAYS」より)
・DISC2
1. さらば愛しき危険たちよ (1995.05.21 「nine」より)
2. ユア・ソング (1996.07.01 「EXIT」より)
3. HEAVY DRINKER (2012.01.18 「B(S)T」より)
4. 青春 (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)
5. NO FUTURE (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)
6. 虹 (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)
7. アニバーサリー (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)
8. 希望の詩 (2015.11.18 「BACK BAD BEAT(S)」より)
9. 愛しい人よ ~2018ver. ~
10. 休みの日 ~2018ver. ~
11. 言葉につまる ~2018ver. ~
12. One-Way ☆新曲
・DISC3
JUN SKY WALKER(S) COUNTDOWN LIVE 29/30 XXX
(2017/12/26.27 @渋谷Lamama)
01 カギは誰が (2017/12/27)
02 だから自由はここにある (2017/12/27)
03 カステラ (2017/12/26)
04 JACK&BETTY (2017/12/26)
05 誓いを立てて (2017/12/27)
06 EVE&LOVE (2017/12/27)
07 遠くへ行かないで (2017/12/26)
08 BAD MORNING (2017/12/27)
09 その日まで (2017/12/27)
10 ロックンロール☆ミュージック (2017/12/26)

<DVD収録曲>※初回限定盤のみ
Live TOMATO JUN SKY WALKER(S)  (C) tvk
#113 1988.12.31 OA 
Live TOMATO SPECIAL’ 88-‘ 89 at 新宿コマ劇場
1. 全部このままで
2. いつもここにいるよ
3. だけど一人じゃいられない
4. ガラスの街
5. SUICIDE DAY
6. ひとつ抱きしめて
7. すてきな夜空
8. MY GENERATION
#133 1991.11.26 REC 
Live TOMATO at 日清パワーステーション
1. START
2. つめこんだHAPPY
3. 風見鶏
4. だから自由はここにある
5. ひとつ抱きしめて
6. エンジェル
・通常盤特典
ジュンスカにとって最後の原宿ホコ天となる映像特典
※指定のAR読み取り専用アプリを使用した動画特典

■ライブ情報
『MX ROCK 祭り JUN SKY WALKER(S)『ALL TIME BEST ~全部このままで~1988-2018』』
5月19日(土)中野サンプラザ(東京)

JUN SKY WALKER(S)30周年スペシャルサイト

「JUN SKY WALKER(S)、初のオールタイムベストアルバム発売 “最後の原宿ホコ天”映像も初公開に」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版