>  >  > 中居正広、伊波杏樹に口パク褒められる

中居正広、声優 伊波杏樹にアフレコを褒められる 「俺ね、口パクのプロなの」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ナカイの窓』(日本テレビ系)9月27日放送分では、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、伊東紗治子、伊波杏樹、パックン、村上健志(フルーツポンチ)をゲストに迎え、企画「母校を愛する人SP」がオンエアされた。

 夢眠ねむと初めて対面したMCの中居正広は、夢眠の名前に対して「誰が考えたの?」と疑問をぶつける。夢眠が本名は内緒にしていることを伝えると、中居が「名字だけ教えて」と懇願。すると夢眠は「画数が極端に減っちゃうんで、ちょっと……」とやんわり拒否すると、山里亮太(南海キャンディーズ)が「田中系ですよ」と夢眠の名字を予想した。また、トーク番組に初めて出演したという伊波杏樹に、中居は「初めてならこの番組じゃないと思う」と指摘すると、伊波は「えっ?」と戸惑う様子を見せた。

 夢眠が母校の多摩美術大学を説明し、現代美術を習っていたことを明かすと、中居は「美術、芸術って俺はまったくわからない」とコメント。夢眠が中居の絵を芸術的と褒めると、中居は「出そうかな、どっか」とまんざらでもない様子を見せた。

 代々木アニメーション学院に通っていたという伊波。同校に入ったきっかけを聞かれた伊波が、「当時、進路を決めるときに空手を中学3年間やっていて……」と語り出すと、中居が「今でも型を覚えてるの?」と質問。すると伊波は「回し蹴りが特技なんです」と明かし、山里に対して蹴りを行う一幕も。当時、スポーツ推薦で高校に行く予定だったがセーラー服が嫌だという伊波は、「道着以外着たくなかった」と学生時代を振り返った。また、伊波は「女優に憧れを持っていて。でも外見にコンプレックスがあって」と語り、外見を出さずに芝居ができる声優を選んだことを明かした。

      

「中居正広、声優 伊波杏樹にアフレコを褒められる 「俺ね、口パクのプロなの」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版