>  > 乃木坂46、先輩後輩リベンジバトル

乃木坂46堀未央奈、永島聖羅の弱点を指摘「永島さんは絵も下手だし、字も下手」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
NOGIBINGO!5
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『NOGIBINGO!5』(日本テレビ系)の8月4日放送回にて、乃木坂46による「ガチンコ 1期生VS2期生リベンジバトル」が行われた。

 『NOGIBINGO!5』は乃木坂46が公式ライバルグループ・AKB48も経験してきた企画を、より体を張ったものにアレンジして挑戦する番組の最新作で、今シリーズのテーマは前クールに引き続き「変身」。今回は、7月14日に放送された「乃木坂企画総選挙」で選ばれた企画、「1期生と2期生のリベンジマッチ」が放送された。なお、リベンジをする2期生の助っ人とにはプロレスラーの高山善廣が登場した。

 最初のバトルとして用意されたのは、メンバーが描いた絵がなにかを当てる「仲間を信じて推理せよ なにを描いてるんでしょーか?」。絵の描き手は、相手チームから指名された一番下手だと思われているメンバーが担当するというもので、2期生がまず指名した1期生チームの描き手は永島聖羅。堀未央奈は指名の理由について「永島さんは絵も下手だし、字も下手なので」と語ると、永島は苦笑いをしながら否定するが、実際に永島が描いた「モナ・リザ」を、同チームの白石麻衣は答えられず。だが、2期生チームも指名を受けた堀の「イノシシ」を当てることができず、対決は引き分けに終わった。

 続く「気合で勝負!大食い46」では、各チームの代表者2人が制限時間5分で46個のシュークリームをより多く食べる対決が行われた。1期生チームからは松村沙友理・深川麻衣ペア、2期生チームからは渡辺みり愛・高山善廣がそれぞれ参戦。対決は2期生チームが勝利し、高山善廣が「よしりんごパンチ!」と松村に対して叫ぶと、スタジオは笑いに包まれた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版