【特集】ゲーム×ファッションの可能性

【特集】ゲーム×ファッションで生まれる、新たな可能性

 eスポーツの浸透やコロナ禍での外出自粛の動きもあり、さらなる拡大を見せているゲーム市場。そんなゲーム業界とファッション業界が急接近している。「LOUIS VUITTON」や「BALENCIAGA」などの名だたるメゾンブランドがコレクション発表にゲームを絡めたり、ゲームストリーマーやゲーム企業がアパレルブランドをスタートさせたりと、ゲーム×ファッションの事例がここ最近は多数生まれているのだ。

 着実に増えている、ゲームとファッションの協業にはどのような可能性があるのか。その可能性を探るべく、本特集ではゲーム機器の輸入・販売を行いながらファッション業界への進出を目指すMSY、eスポーツをイメージしたアパレルブランド「RAMUNE JANKIE」を新たに立ち上げたせーの、そして東京発の完全招待制ゲームルーム「VAULTROOM」の3者にインタビュー。ゲーム業界、ファッション業界、ゲームコミュニティとそれぞれ異なる立場の視点から、ファッション×ゲームの新たな可能性に迫る。