『あつまれ どうぶつの森』新アプデで花火大会を楽しもう! 新機能「ゆめみ」やデータ復元も実装

 『あつまれ どうぶつの森』が、7月30日に夏の無料アップデート第2弾を配信することが決定した。

 「更新データ(Ver.1.4.0)」をダウンロードして楽しめる今回のアップデートを終えると、8月の毎週日曜日の夜に「花火大会」が開催されるようになる(北半球と南半球ともに)。

 住民たちも広場にあつまって、思い思いに花火を楽しんだり、つねきちの屋台では、いろいろな景品があたる「いなりくじ」を引くこともできる。広場にいるしずえさんに「マイデザイン」を渡して、オリジナルの花火を打ち上げる、といった楽しみ方もおすすめだ。

 また、新しい機能として「ゆめみ」も追加に。マイホームのベッドに横になって眠りにつくと、不思議な空間にいざなわれる。

 ここではだれかの島を夢として見て、島内を散策することができたり、島の住人のあいさつを聞いて、広場に設置された「マイデザイン・ショーケース」から、その島の作者が投稿したマイデザインを受け取ることも可能。自分の島の夢を預ければ「夢番地」が発行され、世界中の人に見てもらうこともできる。これまで一人で遊んでいたユーザーも、これを機会に他の島との交流を深めてみよう。

 なお、誰でも自由に島を見てまわれるといっても、ゆめみが見せてくれるのは、あくまで夢。夢の中で誰が何をしても、現実の島に影響はないので、安心して夢を預けよう(Nintendo Switch Onlineに加入し、インターネットに接続する必要あり)。

 また、「たぬきショッピング」では、「牛郎織女の日(※中国の七夕)」にちなんだ「おりひめのふく/ひこぼしのふく」など、シーズンに合わせて各国のイベントにちなんだアイテムを購入可能に。アップデートしたユーザーすべてに「はなびたいかいのかべ」も配布される。

 そして、インターネットを通じて、『あつまれ どうぶつの森』のセーブデータをバックアップし、Nintendo Switch本体の故障や紛失時に、バックアップからセーブデータを復元することができる「セーブデータ復元サービス」も7月30日よりスタートする。

 このサービスを利用するには、Nintendo Switch Online(有料)への加入と、『あつまれ どうぶつの森』をVer.1.4.0以降にアップデートし、ゲーム内で設定を行う必要があるため注意したい。

 そして、次回の無料アップデートは、今秋に配信されることも明かされた。季節のイベントなどが追加予定なので、こちらも楽しみにしておこう。