“欧州最悪の悲劇”の真実とは アカデミー賞ノミネート作『アイダよ、何処へ?』9月公開

 第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作『Quo vadis, Aida?(原題)』が、『アイダよ、何処へ?』の邦題で9月17日より、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開されることが決定した。

 

本作は、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ東部のスレブレニツァで、約8000人のイスラム教徒が虐殺された惨劇から25年という節目に、国連平和維持軍で通訳として働く女性アイダが、必死に家族を守ろうとする姿、そしてその真実を描く衝撃のドラマ。

 31歳の時に発表した長編デビュー作『サラエボの花』が2006年ベルリン国際映画祭の金熊賞を受賞以降、一貫して故郷ボスニア・ヘルツェゴヴィナの悲劇、1992年から1995年のボスニア紛争の傷跡を描き続けているヤスミラ・ジュバニッチが監督を務めた。なお、本作は第74回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『ノー・マンズ・ランド』以来19年ぶりにボスニア・ヘルツェゴヴィナ映画として、アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた。

 あわせて公開されたティザービジュアルでは、「圧倒された。稀に見る傑作!」というマイク・リー監督のコメントともに、アイダの戦慄の表情が切り取られている。

■公開情報
『アイダよ、何処へ?』
9月17日(金)より、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:ヤスミラ・ジュバニッチ
出演:ヤスナ・ジュリチッチ、イズディン・バイロヴィッチ
配給:アルバトロス・フィルム
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ・オーストリア・ルーマニア・オランダ・ドイツ・ポーランド・フランス・ノルウェー・トルコ合作映画/ボスニア語・セルビア語・英語ほか/2020年/101分/原題:Quo Vadis,Aida?
(c)2020 Deblokada/coop99 filmproduktion/Digital Cube/N279/Razor Film/Extreme Emotions/Indie Prod/Tordenfilm/TRT/ZDF arte
公式サイト:aida-movie.com