成田凌の空虚な表情が切ない 杉咲花も大プッシュの『おちょやん』第13週は節目の展開に

 2月28日放送のラジオ番組『杉咲花のFlower TOKYO』(TOKYO FM)は、『おちょやん』(NHK総合)トークに花が咲く回となった。

 第12週ラストを飾った千代(杉咲花)とヨシヲ(倉悠貴)のシーンは半日かけて撮影され、杉咲花は倉悠貴から「撮影が終わっても姉やんって呼ぶね」と言われたそう。姉弟のいない杉咲にとっても倉は姉やんとして今後も成長を見守っていきたい大切な存在になったようだ。

 そして杉咲がオススメしていたのが12週から13週への流れ。「前半と後半で『おちょやん』を分けるとしたら、今までの集大成となるような、いいラストになっている」と13週の展開について触れていた。

 そんな前半クライマックスと言える13週。天海天海(茂山宗彦)の名は継がずに、母親の夕(板谷由夏)から貰った名前で役者を続けていくと決意していた一平(成田凌)だったが、母との再会によって蓋をしていた記憶が一気に蘇る。天海と一平を捨て、別の男と一緒になっていたのは夕だったのだ。

 第64話では、一平が拒んでいた天海天海の名を受け入れ、大山(中村鴈治郎)の希望通り襲名興行も打たれることとなる。一平はご贔屓筋に挨拶回りへ。しかし、座長としてではなく一座全体を立てる一平の姿に千代は違和感を覚えていた。