梶裕貴、ベンチャー企業の社長役で『カネ恋』ゲスト出演 水溜りボンドのトミーはコメンテーター役

 9月15日よりTBS系で放送がスタートする松岡茉優主演ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』に、梶裕貴、水溜りボンドのトミー、登坂淳一、岡本莉音がゲスト出演することが発表された。

 本作は、2019年に放送されたTBS金曜ドラマ『凪のお暇』を手がけた大島里美の完全オリジナル脚本作となるラブコメディ。中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(松岡茉優)は、とある過去が原因で“清貧”という価値観で生きるアラサー女子。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する“モノ”の本質を大切にして暮らしている。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)は、“浪費”にかけては天賦の才能を持った男。そんな慶太は浪費が高じて、父である社長に営業部から玲子がいる経理部への異動を命じられる。金銭感覚が両極端な“清貧女子”と“浪費男子”が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになり、おカネ修行を通してひと夏の恋物語が繰り広げられていく。

 第1話からゲスト出演する梶が演じるのは、玲子や慶太ら主要キャラクターが働く会社「モンキーパス」に、企画を新規提案するベンチャー企業の社長・山鹿眞一郎。声優としてアニメ『進撃の巨人』の主人公エレン・イェーガー役など数々の人気作品のキャラクターを演じている梶。近年はドラマにも出演し主演を務めるなど活躍の幅を広げ続けている。“優しい”印象が強い梶だが、本作ではその“優しさ”とは一味違った役どころとなる。

 そして、人気YouTuber・水溜りボンドのトミーと、フリーアナウンサーの登坂という個性豊かな面々のゲスト出演も決定。登坂は、三浦翔平演じる早乙女健が出演する情報番組のMC役。一方のトミーは、情報番組のコメンテーター役で第2話以降の出演となる。水溜りボンドはチャンネル登録者数が430万人を超える2人組の人気YouTuber。YouTubeでの活動のみならず、ラジオのメインパーソナリティも務めている。なお、トミーと元NHKアナウンサーの登坂がTBSドラマへ出演するのは今回が初となる。

 さらに9月22日放送の第2話には、ABEMAの恋愛リアリティショー『月とオオカミちゃんには騙されない』で知られる岡本が出演。北村匠海演じる板垣純のデート相手・武内美結を演じる。

(左から)岡本莉音、トミー(水溜りボンド)、登坂淳一

プロデュース・東仲恵吾 コメント

心強い仲間が加わってくれました。
各分野でトップを突き進む皆様が、オーラ全開で熱演してくれています。
梶さんは、慶太の恋のライバルとして立ちはだかるベンチャー社長のカリスマっぷりを見事に表現してくれました。
トミーさんは、初出演ということで、カメラが回る前はすごく緊張されていましたが、撮影が始まったら、見事に存在感ある堂々とした佇まいで演じてくれました。
登坂さんは、生粋のMC魂という感じでアドリブたくさんで巧みに演じてくれました。
そして、岡本さんは、かわいいながらも純くんを悩ます小悪魔演技を余すことなく発揮してくれました。
是非、お楽しみください。

■放送情報
火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』
TBS系にて、9月15日(火)スタート 毎週火曜22:00〜 22:57放送
※初回15分拡大
出演:松岡茉優、三浦春馬、三浦翔平、北村匠海、星蘭ひとみ(宝塚歌劇団)、大友花恋、稲田直樹(アインシュタイン)、中村里帆、八木優、河井ゆずる(アインシュタイン)、キムラ緑子、ファーストサマーウイカ、池田成志、南果歩、草刈正雄
ゲスト出演:梶裕貴、岡本莉音、トミー(水溜りボンド)、登坂淳一
脚本:大島里美
演出:平野俊一、木村ひさし、土井裕泰
プロデュース:東仲恵吾
主題歌:Mr.Children「turn over?」(トイズファクトリー)
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/KANEKOI_tbs/
公式Twitter:https://twitter.com/kanekoi_tbs