>  >  > 佐藤健主演『ひとよ』本予告

佐藤健が顔をくしゃくしゃにして慟哭する 白石和彌監督最新作『ひとよ』本予告

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 白石和彌監督最新作『ひとよ』の本予告が公開された。

 本作は、『凶悪』『孤狼の血』『凪待ち』の白石監督が手がけた人間ドラマ。どしゃ降りの雨降る夜、ある家族に起きたひとつの事件が、母親とその子どもたち三兄妹の運命を激変させる。心の傷を抱えたまま別々の人生を歩んだ家族は、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した家族の絆を取り戻そうともがき続ける。

 15年前の事件に縛られ家族と距離を置き、東京でフリーライターとして働く次男・雄二を佐藤健が演じる。町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩む長男・大樹役を鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子役を松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹のもとへと帰ってくる母親・こはる役を田中裕子が演じる。そのほか音尾琢真、筒井真理子、MEGUMI、佐々木蔵之らが出演する。

『ひとよ』本予告

 本予告は、15年越しの再会にも関わらず、雄二がこはるに「子供たちの人生がめちゃくちゃになってるとき、何しに帰ってきたんですか?」と、痛烈な問いを浴びせかけるシーンから始まる。子どもたちの幸せを守るため、愛する夫を手にかけてしまったこはるに対し、元々稲村家で営業していたタクシー会社を受け継ぎ「稲丸タクシー」として切り盛りする社長の丸尾進(音尾)や、事務員の柴田弓(筒井)は、「何も悪くないよ」と肯定。こはるの帰りを15年間待ち続けた園子も、「お母さんはあの人から私たちを助けてくれたんじゃん!」と必死に叫ぶ。しかし、稲丸タクシーの事務所には事件に関するゴシップ記事のコピーが大量に張り付けられ、新人ドライバー・堂下道生(佐々木)はハンドルを握りながら絶叫し、園子が雄二につかみかかるなど、こはるが帰ってきたことによって、何やら不穏な様子も映し出される。

 映像には、「どっからやり直したらいいのか教えろよ!」と顔をくしゃくしゃにして慟哭する佐藤の姿も収められている。

白石和彌監督 コメント

初めて映画で「血縁の家族」を描くことについて

色々と自分の家族のことも考えてしまい、一筋縄ではいきませんでした。描き切ったつもりでいても完成してみるとますます家族って何かわからなくなりました。

現場での様子について

バラバラのようで、しっかりと奥底で繋がっているんだなと感じることができる家族だったと思います。改めて俳優の力に唸らされる撮影現場でした。みなさんそれぞれのやり方で本番に向けて集中していました。

■公開情報
『ひとよ』
11月8日(金) 全国ロードショー
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
監督:白石和彌
脚本:高橋泉
原作:桑原裕子『ひとよ』
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会
公式サイト:www.hitoyo-movie.jp

「佐藤健が顔をくしゃくしゃにして慟哭する 白石和彌監督最新作『ひとよ』本予告」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版