吉田羊「ちょっと泣いてしまいました」 『連続ドラマW コールドケース2』クランクアップに感無量

 今秋WOWOWプライムにて放送される『連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜』がクランクアップを迎え、主演を務める吉田羊らキャスト陣がコメントを寄せた。

吉田羊

 本作は、ジェリー・ブラッカイマー製作総指揮で2003年から2010年まで全7シーズンにわたりアメリカ・CBSで放送され高視聴率を記録したドラマシリーズを、神奈川に舞台を置き換え制作した日本版の第2シリーズ。吉田演じる主人公の女性刑事・石川百合ら、未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描く。

 先日、都内近郊のロケ地にて、吉田をはじめ、高木信次郎役の永山絢斗、立川大輔役の滝 藤賢一、金子徹役の光石研、本木秀俊役の三浦友和らレギュラーキャストの面々が、約4か月にわたるすべての撮影を終え、 無事にクランクアップ。主演を務めた吉田は、「完走できてホッとしております。(私以外の)4人の最後のシーンを見ていたら本当に終わってしまうんだなという気持ちと、(自身が演じる)百合さんが孤独ではなくなったんだなとグッときて、ちょっと泣いてしまいました」と、シーズン2の現場を通して深まったチームの絆に思わず涙したことを明かした。

 永山は「まったく終わった気がしていません」と語りながらもシーズン1のときよりもみんなに甘えてしまったことへの感謝を述べ、滝藤は「シーズン3と映画化、そして海外ロケで皆様とお会いできるのを楽しみにしています(笑)」とコメント。光石は「ホームに帰ってきた感覚で楽しかった」と語り、三浦は「ハードなスケジュールではあったが、作品が絶対面白くなると確信しているからこそみんなで乗り切れた」と本作への確かな自信を口にした。

吉田羊コメント

シーズン2、みなさんと完走できてホッとしております。(私以外の)4人の最後のシーンを見ていたら本当に終わってしまうんだなという気持ちと、(自身が演じる)百合さんが孤独ではなくなったんだなとグッときて、ちょっと泣いてしまいました。今シーズンはなんだか本当にいろんなものと闘ったという気がします。スケジュール、天気、体力、本当にみなさん大変な思いをされたなとは思いますが、それでも制限された環境の中で嬉々として最高のものを目指している姿が頼もしく、改めて良いチームだなぁと思いました。過酷な思いをしたシーンほど画が良いんだよねと、昔、あるプロデューサーが言っていましたけれど、そういう意味ではこのシーズン2はきっと良い画の連続になるだろうと思います。このシーズン2が、シーズン3、シーズン4という未来を連れて来てくれるような気がしています。そしてきっとこれは叶うのではないかと確信しています。その時にはぜひこのシーズン2でさらに強くなったこのチーム・コールドケースで、同じメンバーで同じように闘えたら嬉しいです。ひとまず、おさらばではありますが、皆様必ず再会致しましょう!

■公開情報
『連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜』
今秋、WOWOWプライムにて放送
監督:波多野貴文、内片輝、守下敏行
脚本(話数順): 吉田康弘、酒井雅秋、野木萌葱、瀧本智行、蓬莱竜太、瀬々敬久
音楽:村松崇継
撮影監督:山田康介、榊原直記
出演:吉田羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和
(c)WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production
公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase2/