『アンロック』ノオミ・ラパスのインタビュー映像公開 アクションやマイケル・ダグラスを語る

 4月20日に公開される映画『アンロック/陰謀のコード』より、主演を務めるノオミ・ラパスのインタビュー映像が公開された。

 本作は、『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッドが監督を務めたサスペンス・アクション。かつて、ある受刑者の尋問で“完落ち(アンロック)”に追い込むことができなかったため、何十人という罪もない人たちの命をテロリストの襲撃の巻き添えにしてしまい、一線から退いていた元CIAの尋問のスペシャリストのアリス・ラシーンが、新たなテロを阻止するため奮闘する模様を描く。

『アンロック/陰謀のコード』ノオミ・ラパス インタビュー映像

 今回公開されたのは、過去にトラウマを抱える尋問のスペシャリスト、アリス・ラシーン役で主演を務めるラパスのインタビュー映像。自身が演じた主人公アリスについて、「彼女にはいろんな表情があり、複雑な過去を抱えてるの」と語りながら、「誰が敵で、誰が誰を利用してるのか、脚本がよくできていて、予測できないところがいいわ!」と本作の魅力を語る。さらに、「銃を身体の一部みたいに無意識に扱えるように手になじむまで練習したわ」と1人でテロに立ち向かう強い女ヒーローを演じるにあたっての裏話や、「目指したのは実用的なストリートファイト、粗野でリアルな格闘よ!」と劇中で繰り広げられるアクションシーンについてもコメント。

 また、共演したマイケル・ダグラスについて、「マイケルは大御所だし、私は子供の頃から見てきたから実際に会ってみて驚いたのよね。大物なのにとっても謙虚で勤勉で、それでいて好奇心旺盛なの。共演者と一緒にシーンの研究をしてくれたりもしたわ」とその魅力的な一面も語っている。

■公開情報
『アンロック/陰謀のコード』
4月20日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:ノオミ・ラパス、オーランド・ブルーム、マイケル・ダグラス、トニ・コレット、ジョン・マルコヴィッチ
監督:マイケル・アプテッド
配給:キノフィルムズ
原題:Unlocked/PG-12
(c)2017 UNLOCKED DISTRIBUTION LIMITED
公式サイト:http://unlock-movie.jp/