似鳥沙也加にとってグラビアはまさに天職? お気に入りの黒ランジェリー姿を披露

 似鳥沙也加が3月18日発売の『週刊少年チャンピオン』16号の表紙&巻頭グラビアに登場した。同誌には、昨年7月の登場以来2度目となる。

グラビアは似鳥沙也加の天職?

 インスタグラビアの女王・似鳥沙也加。自身のInstagramにてグラビア風の自撮りを投稿したことをきっかけにフォロワーが急増し、2021年3月現在、その数は99.4万人にまでのぼる。グラビアに出始めた当初、引きこもりがちだったという似鳥沙也加のグラビアは、体はグラマラスなのに対し表情は物静かで大人しめな印象があった。しかし、今週号のグラビアを見ていると「笑顔多めの少年誌似鳥です♡」と紹介されていることもあり、明るい表情が見られることが多くなったと実感する。もともとグラビアが好きで、吉木りさやほしのあきに憧れがあったというが、グラビアが似鳥沙也加の心をオープンなものにさせたのだとしたら、彼女にとってグラビアは、まさに天職と言えるだろう。

 また、2019年10月から自身の通販サイト「ニトリショップ」にてオリジナルフォトブック『月間似鳥沙也加』を毎月異なるコンセプトで刊行している。現在発売されている最新刊『月間似鳥沙也加』2月号では、初めて自身で企画から構成までを担当したという。グラビアへの愛と探究心。「好き」から生まれる独自のエンターテイメントは無敵だ。 

笑顔溢れる爽やかなグラビア

 誌面では、明るい光に照らされながら優しく微笑む似鳥沙也加の姿が、8ページにわたって掲載されている。イエローやオレンジの衣装が似鳥沙也加の肌の色にきれいに馴染む。誌面全体から、あたたかいオーラを浴びるように感じられるグラビアだ。