ヒュー・ジャックマン、『ミッシング・リンク』日本公開に喜びの声を寄せる

 11月13日に公開されるスタジオライカ最新作『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』。声の出演を果たしているヒュー・ジャックマンからメッセージが寄せられた。

 『コララインとボタンの魔女』『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』などのスタジオライカ最新作となる本作は、自分勝手で風変わりな英国紳士が、もっと変わった生きた化石を“秘密の相棒”にして、人類の“失われた環”の謎に迫る冒険物語。シャーロック・ホームズが活躍したヴィクトリア朝時代のロンドンから物語はスタートし、“偉大な冒険家”を目指す英国紳士ライオネル卿が、一通の手紙をきっかけに大発見する生きた化石“Mr.リンク”と共に、孤独な彼のため、そしてライオネル卿の名誉のため、Mr.リンクの仲間を探す世界横断の冒険へと出発する。

 前作『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』に続きヒュー・ジャックマン、『ハング・オーバー』シリーズのザック・ガリフィアナキス、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどのゾーイ・サルダナ、『ハワーズ・エンド』のエマ・トンプソンらが声優陣として出演する。監督を務めたのは、『パラノーマン ブライス・ホローの謎』を手がけ、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』では脚本を担当したクリス・バトラー。なお本作は、『トイ・ストーリー4』『アナと雪の女王2』などを抑え、ストップ・モーションアニメとして史上初となるゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞した。

 本作でジャックマンが演じるのは、野心溢れる探検家で、貴族の集まる貴族クラブに自分の功績を認めさせるためMr.リンクを利用しようと共に旅にでるライオネル卿。『ウルヴァリン』シリーズや『グレイテスト・ショーマン』などで知られるジャックマンが、一風変わった英国紳士を演じる。

 ジャックマンは、本作の日本公開に対して「日本で『ミッシング・リンク』が公開されるということ、とても嬉しいです。本作は素晴らしいスタジオライカが手掛けていて、私は主人公のライオネル卿を演じています。とても楽しい作品です。CGではなく全てストップモーションアニメで撮影されていて、実際のスタジオも本当に素晴らしいところです。楽しんでください」と映画公開の喜びとスタジオライカへの称賛の言葉を寄せた。

 また、本作への出演にあたり、ライカの大ファンという息子から、彼らがどのように映画制作に挑んでいるか、説明を受けたとのこと。ライオネル卿のオファーと受けた時のことを「ライカの映画が大好きなので、とても興奮したよ。僕自身もいつも熱心に見ていたんだけど、特に息子は大好きで。娘もすごく気に入っているけど、息子はとりわけ大ファンなんだ。あの子はストップモーション・アニメが大好きで、ライカについて僕より断然、詳しいんだ。伝統的なやり方でどうやってアニメを作っているか教えてくれたよ」と当時を振り返っている。

 10月12日はジャックマン52歳の誕生日でもあり、メッセージと共に、自身が演じたキャラクター“ライオネル卿”との2ショット画像も公開。実はライオネル卿は、監督がキャラクター・スケッチの段階からジャックマンをイメージしていて、どことなく容姿も似ているユニークなキャラクターとなっている。そんなライオネル卿についてジャックマンは、「自己中心的で、冒険好き、そして勇敢な男」と分析しつつ、「演じていてすごく楽しかった」と語る。

■公開情報
『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』
11月13日(金)新宿バルト9ほか全国順次公開
声の出演:ヒュー・ジャックマン、ゾーイ・サルダナ、ザック・ガリフィアナキス、エマ・トンプソンほか
監督・脚本:クリス・バトラー
配給:ギャガ
2019年/カナダ・アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/93分/原題:Missing Link/字幕翻訳:石田泰子
(c)2019 SHANGRILA FILMS LLC. All Rights Reserved
公式サイト:https://gaga.ne.jp/missing-link