『鵞鳥湖の夜』公開記念、ディアオ・イーナン監督作『薄氷の殺人』限定上映へ 来場者プレゼントも

 ディアオ・イーナン監督最新作『鵞鳥湖の夜』が9月25日より公開されることを記念して、イーナン監督の前作『薄氷の殺人』が、シネマカリテ、アップリンク京都にて9月18日から9月24日まで限定上映されることが決定した。

 日本では2015年1月に公開された『薄氷の殺人』は、第64回ベルリン国際映画祭で金熊賞と銀熊賞(男優賞)をW受賞したイーナン監督の3作目の長編映画。ともに傷を負った孤独な元刑事を主人公に、一見オーソドックスなミステリー劇として進行しながらも、ジャンル映画の枠には収まりきらない異形のスリルをみなぎらせていく。中国の地方都市を舞台に、雪に覆われた屋外スケート場などの風景を独特のカメラワークで捉え、大胆なリズムの編集を施した。

 また、生きる目的を失って自暴自棄となり、未解決事件の不気味な闇に囚われていく主人公ジャン(リャオ・ファン)と、すべての被害者と関係を持ちながらも多くを語らず、はかなげな魔性の色気を漂わせる“宿命の女”ウー(グイ・ルンメイ)が織りなす、危ういまでに魅惑的なラブストーリーも見どころとなっている。

 そしてイーナン監督の最新作『鵞鳥湖の夜』は、『薄氷の殺人』以来となるイーナン監督5年ぶりの新作。孤独なアウトサイダーである主人公の男女、警察の捜索チーム、バイク窃盗団のギャングの行動が交錯していく模様を描く。主人公チョウを『1911』のフー・ゴーが務め、『薄氷の殺人』で主演を務めたグイ・ルンメイとリャオ・ファンが再共演を果たした。

 なお、9月25日以降、シネマカリテ、アップリンク京都にて『鵞鳥湖の夜』を鑑賞の際、『薄氷の殺人』の半券提示で、『薄氷の殺人』クリアファイル、『鵞鳥湖の夜』オリジナルライター2つがセットでプレゼントされる。

『鵞鳥湖の夜』オリジナルライター

■公開情報
『薄氷の殺人』
9月18日(金)〜9月24日(木)シネマカリテ、アップリンク京都にて1週間限定上映
料金:両館とも『鵞鳥湖の夜』前売り券提示で1000円
(シネマカリテ:一般料金・学生1300円/アップリンク京都:一般料金1300円)

『鵞鳥湖の夜』
9月25日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町&渋谷ほか全国順次公開
監督・脚本:ディアオ・イーナン
出演:フー・ゴー、グイ・ルンメイ、リャオ・ファン、レジーナ・ワン
撮影:トン・ジンソン
照明:ウォン・チーミン
美術:リュウ・チアン
配給:ブロードメディア・スタジオ
2019年/中国・フランス合作/111分/ビスタサイズ/英題:The Wild Goose Lake(原題:南方車站的聚会)/PG-12
(c)2019 HE LI CHEN GUANG INTERNATIONAL CULTURE MEDIA CO.,LTD.,GREEN RAY FILMS(SHANGHAI)CO.,LTD.,
公式サイト:https://wildgoose-movie.com