ドラえもん、広瀬すず、是枝裕和、片桐はいり、「映画館に行こう!」メッセージ動画リレーに参加

 6月30日よりスタートした「映画館に行こう!キャンペーン2020」のメッセージ動画リレー追加メンバーとして、ドラえもん、広瀬すず、是枝裕和、片桐はいりの参加が発表された。

 「映画館に行こう!キャンペーン2020」は、このコロナ禍で公開延期や映画館の休業など大変な困難に陥った映画業界に、製作・配給・興行の垣根を越えて「何かできないか」という思いから立ち上がったプロジェクト。アンバサダーには役所広司が就任し、公式YouTubeでは役所のメッセージ動画が公開中。この動画は、リレー方式で様々な映画関係者が登場予定とアナウンスされていたが、今回追加メンバーとして、国民的キャラクターのドラえもん、若手を代表する女優の広瀬、『万引き家族』の映画監督・是枝、俳優でありながら地元の映画館でもぎり活動をしている片桐の参加が決定した。そして全国の映画館スタッフもメッセージ動画をつなぐ。

ぼくたちと映画のお話し/ドラえもん・のび太くん

 本日公開されたドラえもんのメッセージ動画は、漫画『ドラえもん』内の映画にまつわるエピソードをつなぎ、のび太がドラえもんと映画製作の思い出を語るという内容。最後は、原作者である藤子・F・不二雄による「僕自身がまず楽しんで漫画を描き、映画を作っているんです」というコメントで締めくくられている。動画リレーのほかに、全国500館以上の映画館で「ドラえもんの新しい映画様式」のポスターが7月17日より掲出され、また同じく30秒の動画が7月23日よりスクリーンで流れる。

 広瀬が、子どものころ、はじめてお姉さんと映画を観に行ったエピソードをはじめ、このコロナ禍の中で考えたこと、映画への思い、映画に対する愛を語るメッセージ動画は、7月30日に公開される予定だ。

■キャンペーン概要
「映画館に行こう!キャンペーン2020」
キャンペーン期間:6月30日(火)~8月31日(月)※予定
主催:「映画館に行こう!」実行委員会(日本映画製作者連盟、全国興行生活衛生同業組合連合会、モーションピクチャー・アソシエーション、 外国映画輸入配給協会)
公式サイト:https://gotoeigakan.jp/
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCnNyaUvA9avb1bJMK3pgXhg
公式Twitter:@gotoeigakan
公式Instagram:@gotoeigakan