佐野玲於、フジファブリックの「虹」をバックに自転車で駆け抜ける 『虹色デイズ』本編冒頭映像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月6日公開の映画『虹色デイズ』より、本編冒頭映像が公開された。

 本作は、水野美波の同名コミックを『大人ドロップ』『笑う招き猫』の飯塚健監督が実写化したもの。佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星の4人が主演を務め、男子高校生4人の青春を描く。Dragon Ashの降谷建志がソロとしてエンディング・テーマを書き下ろしたほか、フジファブリック、阿部真央、Leola、SUPER BEAVERが挿入歌を担当し、男子高校生4人の青春を彩る。

『虹色デイズ』本編オープニング映像

 公開された冒頭映像は、佐野、中川、高杉、横浜演じる4人の男子高校生がプールに浮かび、“17の特権”についてつぶやく場面から始まる。フジファブリックの「虹」が流れるなか、思いを寄せる杏奈(吉川愛)と一緒に登校したい佐野演じるなっちゃんが、駅で杏奈を待ち伏せするために、一本道を自転車で駆け抜ける姿が映し出されている。

■公開情報
『虹色デイズ』
7月6日(金)全国ロードショー
出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希(E-girls/Flower)、山田裕貴、滝藤賢一
原作:水野美波『虹色デイズ』(集英社マーガレットコミックス刊) 
監督:飯塚健
脚本:根津理香/飯塚健
音楽:海田庄吾
エンディング・テーマ:「ワンダーラスト」降谷建志(ビクターエンタテインメント/MOB SQUAD)
挿入曲:フジファブリック/阿部真央/Leola/SUPER BEAVER
企画・配給:松竹
(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社
公式サイト:nijiiro-days.jp

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版