『イン・ザ・ハイツ』US版ビジュアル&新映像公開 日本公開日は7月30日に決定

 トニー賞で最優秀作品賞を含む4冠、グラミー賞で最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞したミュージカルを映画化した『イン・ザ・ハイツ』の日本公開日が7月30日に決定し、US版ビジュアルとUS版ニュートレーラーが公開された。

 原作は、ピューリッツアー賞、グラミー賞、エミー賞、トニー賞、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星を受賞するなど、ミュージカル界のみならずエンターテインメント業界にその名を轟かすリン=マニュエル・ミランダの同名ミュージカル。作詞・作曲家、脚本家、俳優、ラッパーと多才に活躍するミランダは、ブロードウェイ・ミュージカル『ハミルトン』にて、トニー賞最優秀作品賞をはじめ11部門を受賞した。

 そんな彼の処女作にして、トニー賞で作品賞と楽曲賞を含む4部門を受賞(13部門ノミネート)、国内外で高い評価を受けた『イン・ザ・ハイツ』は、映像化がずっと望まれながらも実現することのなかったミュージカル。映画化権争奪の末、待望の映画化となった。

 ディズニーアニメーション『モアナと伝説の海』でラップを含む映画音楽の作詞・作曲を手がけたミランダだが、自身の宝物ともいえる『イン・ザ・ハイツ』への力の入れようは別格。原案のみならず製作、作詞・作曲を担当した。本作では主要キャストにアジア系俳優のみを起用し、全米3週連続No.1を記録するなど世界中で大ヒットとなった『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ監督とタッグを組んだ。

 キャストには『アリー/ スター誕生』のアンソニー・ラモス、『キングコング:髑髏島の巨神』『ブラック・クランズマン』のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライター/歌手のレスリー・グレースが集結した。

 本作は、6月9日から開幕するNYのトライベッカ映画祭にてワールドプレミアが決定している。同時に複数の場所で野外上映が行われるほか、屋内では劇場のUnited Palaceで上映が行われる。

 公開されたUS版ビジュアルは、街のシンボルであるジョージ・ワシントン・ブリッジを背景に、ストリートで大勢が踊る映画のワンシーンが使用されている。主人公のウスナビ(アンソニー・ラモス)を中心に、調和の取れた力強いダンスを披露する姿が切り取れている。

映画『イン・ザ・ハイツ』US版ニュートレーラー

 US版ニュートレーラーでは、「昔々あるところに」という始まりから、ワシントンハウスの日常がミュージカルに乗せて映し出されている。

■公開情報
『イン・ザ・ハイツ』
7月30日(金)全国ロードショー
監督:ジョン・M・チュウ
製作:リン=マニュエル・ミランダ
出演:アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレース、メリッサ・バレラ、オルガ・メレディス、ジミー・スミッツ
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved