駒井蓮が三味線を弾く 豊川悦司、黒川芽以らも登場『いとみち』ビジュアル&予告編公開

 駒井蓮と豊川悦司が共演する映画『いとみち』の本ビジュアルと本予告編が公開された。

 2013年に松本潤と上野樹里の共演で映画化され大ヒットを記録した『陽だまりの彼女』の原作者である越谷オサムの小説『いとみち』は、主人公であるドジっ子いとの進化が“津軽の奇跡”とも呼ばれる青春小説。シリーズ化もされ、「二の糸」「三の糸」と続いている同作を、『ウルトラミラクルラブストーリー』『俳優 亀岡拓次』の横浜聡子が監督・脚本を務め映画化した。

 「いとみち」とは、三味線を弾くときに指にできる糸道のこと。そこから名前の由来をもつ主人公・相馬いとは、青森県弘前の高校に通う高校生で、特技は祖母と、今は亡き母から引き継いだ津軽三味線だが、強い津軽弁訛りと人見知りのせいで、本当の自分を誰にも見せられず、友人もいない。そこで、思い切ってはじめたメイドカフェのアルバイトで、少しあやしげな店長、先輩メイドたちのシングルマザーの幸子、漫画家を目指す智美、そして風変りな常連客たちに出会う。メイドカフェで働く娘を心配しつつ見守る父親も登場し、いとの成長を描く。

 公開された本ビジュアルは、青森×津軽三味線×メイドカフェのコンビネーションの醍醐味をそれぞれに感じさせる2パターン。ひとつは“青”バージョンで、岩木山をバックにメイド服姿のいとが溌剌とジャンプする姿が切り取られている。赤×白の背景の“赤”バージョンのビジュアルは、「少女よ、駆け抜けろ!」のコピーとともに、笑顔のない仁王立ちのいとがこちらを見据える。そんないとを見守るように父親耕一(豊川悦司)、祖母ハツヱ(西川洋子)が配置され、メイドカフェの仲間たちであるシングルマザーの幸子(黒川芽以)と漫画家志望の智美(横田真悠)、店長工藤(中島歩)、オーナー成田(古坂大魔王)、同級生の早苗(ジョナゴールド)、常連客青木(宇野祥平)など個性的なキャラクターたちが集結している。

映画『いとみち』本予告編

 本予告編は、「アホみてぇだっきゃ」と大好きだったはずの津軽三味線から遠ざかってしまう思春期ゆえのいとの心の葛藤や、津軽メイド珈琲店でバイトを始めたことによるいとと父親とのすれ違いが描かれる。

 人見知りを直すために飛び込んだバイト先だったが、突然訪れた店の危機を救うため「三味線弾がせでください」と店長へ申し出るいと。岩木山、浅虫海岸など青森の雄大な自然に、メンバーの和嶋と鈴木が弘前市出身のロックバンド人間椅子の楽曲「エデンの少女」が添えられている。

■公開情報
『いとみち』
6月18日(金)青森先行上映
6月25日(金)全国公開
監督・脚本:横浜聡子
出演:駒井蓮、豊川悦司、黒川芽以、横田真悠、中島歩、古坂大魔王、ジョナゴールド(りんご娘)、宇野祥平、西川洋子
原作:越谷オサム『いとみち』(新潮文庫刊)
製作:『いとみち』製作委員会(アークエンタテインメント、晶和ホールディング、日誠不動産、RAB青森放送、東奥日報社、ドラゴンロケット)
配給:アークエンタテインメント
(c)2021「いとみち」製作委員会
公式サイト:www.itomichi.com