iPhone 13 Pro/Pro Maxの超広角レンズ、センサーシフト光学式手ぶれ補正実装?

 iPhone 13シリーズに関する新たな噂が浮上した。その噂は、iPhone 12 Pro Maxのみに実装された機能に関係したものだ。また、MagSafeに関するリーク情報も明らかになった。この充電器は、さらに進化するようだ。

日本の部品メーカーが増産を要請

 Apple製品ニュース専門メディア『9to5Mac』は3日、iPhone 13シリーズのカメラ機能に関する新たな噂を報じた。その噂とは、iPhone 12 Pro Maxにのみ実装されている広角レンズのセンサーシフト光学式手ぶれ補正機能が、iPhone 13 Pro/Pro Maxの超広角レンズにも実装されるというものだ。

 センサーシフト光学式手ぶれ補正とは、手ぶれによるカメラのゆれをセンサーが検知して、検知したゆれを打ち消すようにカメラのセンサーが動くことによって、手ぶれの影響がない画像を撮影する機能である。

 以上の噂の根拠になっているのは、サプライチェーンに関する報道で定評のある台湾メディアDigitimesが3日に公開した記事である。その記事によると、センサーシフト光学式手振れ補正に使われる部品であるボイスコイルモーターを供給する日本の部品メーカーのアルプスアルパイン社らが、部品製造に関して契約している台湾メーカーに2021年6月末から7月初旬までに40%増産するように要請したのだ。

 iPhone 13の超広角レンズに関しては、既報のように、オートフォーカスが実装されるという噂がある。この噂が現実になった場合、iPhone 13シリーズの超広角レンズで撮影すると、遠景だけでなく近景でも鮮明な画像が得られることになる。

 新旧の噂をまとめると、iPhone 13シリーズの超広角レンズはセンサーシフト光学式手ぶれ補正とオートフォーカスの両方が実装される可能性があるのだ。

AirPowerの設計思想が復活?

 テック系メディア『tom’s guide』は2日、MagSafeに関するリーク情報を報じた。iPhone 12シリーズと同時に発表された同充電器に関するリーク情報をもたらしたのは、有名リーカーのJon Prosserである。

 Prosserによると、開発中の次期MagSafeは2モデルあり、そのうちの1モデルはiPhoneだけではなく、AirPodsあるいはAirPods Proも充電できるというのだ。

 複数のApple製品を充電できる製品として思い出されるのはが、Appleが開発を断念したAirPowerだ。同充電器は、2017年9月に開発中であることが発表されて、iPhone、Apple Watch、そしてAirPodsが同時に充電できるApple純正品として大いに期待されていた。しかし、2019年3月、同充電器の開発が中止されたことが発表された。

 以上の「MagSafe Pro」とでも呼べるハイエンドモデルは、AirPowerが実現しようとした設計思想を復活させようとしているのかも知れない。

 なお、Prosserは近日中に開発中MagSafeの2モデルに関するレンダリング画像を公開すると発言している。