iPhoneのタイマーで集中力が持続する方法とは? リモートワークの効率をアップさせるアプリ

iPhoneのタイマーで集中力が持続する方法とは? リモートワークの効率をアップさせるアプリ

 新型コロナウイルスの流行の影響で、継続的にリモートワークを実施するようになった人は多いのではないだろうか。

 出社していたときはほどよく雑談し、気分も紛れていたが、家でずっと一人でリモートワークをしていると、集中力が途切れてしまう人も多いと思う。

 同僚や上司の目がないぶん、家のほかのモノに気が散ってしまったり、ついスマホを触ったりしてしまう人もいるかもしれない。

 今回は、誰でも使うことができるiPhoneのアプリを活用して、リモートワークに集中して取り組む方法をご紹介する。

①タイマー

 どのスマホにもついているタイマー機能。このタイマーを使用して、「ポモドーロ・テクニック」を実施する方法。ポモドーロ・テクニックとは、「25分の作業+5分の休憩」を1ポモドーロとし、これを繰り返して作業にとりくむという作業方法だ。

 人間の集中力は、永遠には続かない。だからこそ、集中と休憩をこまめに繰り返す必要がある。

 数時間継続しての集中は難しいが、25分の短時間なら集中力も持続する。1つ1つの作業時間は短いが、この25分を繰り返すことで集中力が高い状態が1日の中で断続的に増えるのだ。

 また、作業時間を短く区切るだけでなく、1ポモドーロ内で完了させるタスクをあらかじめ決めておき、しっかりと終わらせることが重要だ。休憩もだらだらと5分以上はとらず、また作業にすぐに戻らなければならない。

②forest

 スマホの通知に気をとられ、集中できない人におすすめ。

 あらかじめ設定した時間内で、スマホを1度も触らなければ木が育つ、というゲーム感覚でスマホから距離をとることができるアプリだ。例えば、「1時間集中」と設定をすれば、1時間以内にスマホを触ってしまうと、アプリ内の木が枯れてしまうという仕組み。

 筆者も実際に使用しているが、集中すればするほど、木がたくさん植えられていき、自分の森が作られていく過程がとても面白い。自分が集中した時間もデータ化してくれるので、達成感も感じる。


 また、休憩時間も設定できるので、先ほどご紹介した「ポモドーロ・テクニック」との組み合わせも可能だ。

 forestは、200円ほどする有料アプリだが、そこまで高い値段でもないので、文房具を買う気分でトライしてみてはどうだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる