iPhone 13のカメラユニットはサファイアガラス仕上げに? ノッチは縮小も、ボディは分厚くなる模様

 iPhone 13シリーズに関して、Appleのサプライヤーが多く集まる東アジア地域から新たな情報がリークされている模様だ。

iPhone 12シリーズ4モデルの筐体を踏襲

 iPhone 13シリーズは、iPhone 12シリーズの4モデルの筐体デザインを継続採用するという中国サプライヤーの話を『Macお宝鑑定団』は伝えている(参考:http://www.macotakara.jp/blog/rumor/entry-40812.html)。

 高さや幅は変わらないが、厚みは0.26mm増し、背面カメラはiPad Pro 2021同様にレンズカバー部分の出っ張りが無くなる。

 iPhone 13シリーズの全てで、カメラユニットの出っ張りは約0.9mm増で、カメラユニット全体をサファイアガラスでカバーするデザインに変わるという。

 iPhone 13 Proの背面カメラユニットは、iPhone 13 Pro Maxと同じサイズであることから、広角カメラにセンサーシフト光学式手ぶれ補正が採用されている可能性がある。また、ディスプレイ上部にあるレシーバーが、筐体端ギリギリまで移動しTrueDepthカメラの幅が細くなっているという。

ノッチが小さくなるが、落とし穴がある

 これを受けて「ノッチが小さくなるが、落とし穴がある」と『Tom’s Guide』は伝えている(参考:https://www.tomsguide.com/news/iphone-13-leak-reveals-its-finally-getting-a-smaller-notch)。

 iPhone 13のデザインは微調整され最終的にノッチが縮小するが、ボディーは、ぶ厚くなると指摘している。

 AppleはiPhone X以降、大きなノッチをスクリーン上部に必ず採用してきた。今回はTrueDepthセンサーをスリム化し、イヤースピーカーをディスプレイの端に移動させる可能性がある。

 リーカー「IceUniverse」もノッチは完全に廃止されるのではなく、縮小する可能性があるとしている。このノッチは、あまり人気がないが、iPhoneの売り上げを下げるには至っておらず、Face IDやカメラ関連の重要なコンポーネントも配置されている。

 iPhone 12シリーズでは「Pro」と「Pro Max」のカメラの機能に差があったが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの背面カメラユニットはサイズが同じため、同等機能の可能性があるという。

 iPhone 12より長いバッテリー持続時間を希望している人は、0.26mm増加だけでは不十分と考えるかもしれないが、小さな容量でも性能が向上する新技術が採用されるといわれており、十分かもしれない。

 カメラユニット全体がサファイアガラスで覆われてカメラバンプが輝く仕上げになり、見栄えが良くなるのは予想外だと『Forbes』は驚きをもって伝えている(参考:https://www.forbes.com/sites/gordonkelly/2021/01/10/apple-iphone-13-design-notch-cameras-upgrade-iphone-12-pro-max/?sh=38ea92782668)。