折りたたみ式iPhoneが耐久性テストに合格 2つのプロトタイプが存在

折りたたみ式iPhoneが耐久性テストに合格 2つのプロトタイプが存在

 Appleが開発を行っていると報じられてきた「折りたたみ式iPhone」のプロトタイプが、耐久性テストに合格したことが明らかになった。

テスト結果を評価し今後1つに絞り込み

 折りたたみ式iPhoneの2つのプロトタイプが耐久性テストに合格したと、台湾メディア『Economic Daily News』が伝えている。Appleが設計した折りたたみヒンジシステムのテストが中国深圳にあるFoxconnテクノロジー・グループの工場で行われたという(参考:https://www.macrumors.com/2020/12/31/two-foldable-iphones-reportedly-pass-tests/)。

 テストを行った最初の折りたたみ式iPhoneは、デュアルスクリーンモデルだとされる。これは、2020年6月に『Front Page Tech』のJon Prosser氏がリークしたのと同じデュアルディスプレイのプロトタイプの可能性がある。このモデルは、2つの別々のディスプレイ・パネルがヒンジで繋げられているが、パネルがかなりシームレスに見えるとProsser氏は説明している。

 Appleが取得した、2つの別々のディスプレイをヒンジで接続する折りたたみ式をデバイスの特許とも表現がよく似ている。これはMicrosoft Surface Duoの様なデバイスだろうと『iMore』は伝えている(参考:https://www.imore.com/two-foldable-iphone-prototypes-have-reportedly-passed-internal-testing)。

 テストを実施した2つ目のプロトタイプは、Samsung Galaxy Z Flipのように縦にコンパクトに折りたたむ方式のモデルだ。Appleは2020年にテスト目的で大量の折りたたみ式スマホ用のディスプレイのサンプルをSamsungに発注したと言われている。

 テストされた2つのデバイスのヒンジシステムが異なるかどうかは不明だ。プロトタイプ内部はまだ完成しておらず、すぐに使える状態のデバイスではないという。これはAppleが設計したヒンジシステムの耐久性を評価することがテストの目的だったためだ。Appleはテスト結果を評価して、2つの折りたたみ式モデルの一方に絞り込み、開発を続けるという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる