早くもiPhone13のリーク相次ぐ 1TBのストレージ搭載にTotch ID復活も?

早くもiPhone13のリーク相次ぐ 1TBのストレージ搭載にTotch ID復活も?

 iPhone 12が発売されて間もないが、早くもiPhone 13のリーク情報が飛び込んできた。魅力的な“噂”の数々に、iPhone 12の購入を見送る声も上がっているようだ。 

1TBのストレージ増量に8Kカメラ搭載か?

 有名AppleリーカーのJon Prosser氏によれば、iPhone 13の最上位モデルのストレージは、驚異の1TBにアップグレードされるという。これは、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの512GBの2倍、iPhone12、iPhone 12 miniの4倍の容量となる。 

 多くの人にとって、1TBのストレージは必ずしも必要ではないかもしれない。それでも、容量確保のためにアプリや写真を削除しなくて済むのは嬉しいポイントと言えるだろう。加えて、おそらく全モデルの容量も合わせて底上げされるものと思われるため、下位モデルを検討する人にも十分なメリットとなるのではないだろうか。

 また別のリークではgreenapple氏が、最上位モデルのiPhone 13 Pro Max(仮称)に8Kカメラが搭載されると大胆予測した。SamsungのGalaxy S20シリーズなどには既に採用されているが、iPhoneシリーズでは前例がない。多くの容量を必要とすることから、1TBのストレージへの説得力も増すものの、あくまで“噂”の段階であることに留意したい。

ノッチは縮小、もしくは完全消滅か? リーカーの間でも意見が割れる

 ノッチの縮小も有力視されている。

 Prosser氏と、同じく有名リーカーのIce Universe氏は、どちらもノッチが縮小すると予想している。しかし、Prosser氏はノッチの横幅が狭くなるといい、Ice Universe氏は縦幅が縮小されるという。この不一致は、Appleが複数のプロトタイプ(試作機)を作成していることに起因するものと推測されている。

 これを受けて、ディスプレイの専門家、Ross Young氏は、iPhone 13はFace IDとともに、Touch IDが復活するのではないかと予測した。新型コロナウイルスの流行により、Face IDは思いのほか不便なものとなってしまった。iPhone 12は感染拡大以前から計画されており、Touch IDの搭載が間に合わなかったと推測している。

 また同氏は、LTPO(低温多結晶酸化物)パネルを利用する見込みだと述べた。電力効率の高いLTPOは、消費電力の多い120Hz ProMotionディスプレイのために必要とされる。iPhone 12での採用の噂もあったが、SamsungのGalaxy Note 20 Ultraに搭載され、実現には至らなかった。iPhone 13にていよいよお披露目となるのだろうか。 

 またノッチに関するリークでは、昨年の秋にリーカーのBen Geskin氏が、2020年のiPhoneのプロトタイプを公開した。インカメラやセンサー、スピーカーなどはすべてベゼル(本体枠組み)の上部に搭載されており、ノッチは完全に消滅している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる