折りたたみ式iPhoneはディスプレイが“自己修復”する? Appleが「摩訶不思議な」特許取得

折りたたみ式iPhoneはディスプレイが“自己修復”する? Appleが「摩訶不思議な」特許取得

 「折りたたみ式iPhone」や「折り曲げ式iPhone」が開発されているという噂があり、それを裏付ける数々の証拠が見受けられるが、Appleが新たに折りたたみ端末に関連する“摩訶不思議な技術”を確立したことが分かった。

ディスプレイ領域にエラストマー素材を採用

 Appleが、へこみや引っかき傷をなくすことができる自己修復素材の層を含む折りたたみデバイスを考案したと『Patently Apple』は報じている(参考:https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2020/10/apple-invents-a-folding-device-that-includes-a-layer-of-self-healing-material-that-could-make-dents-scratches-on-the-cover.html)。

 米国特許商標庁は、自己修復特性を備えた層を含む折りたたみ式「iデバイス」に関連するAppleの特許を公開した。これは2020年1月に出願されたものだ。

 ディスプレイカバー層は柔軟性を高めるため、フレキシブルな領域にエラストマー素材のレイヤーが含まれる可能性がある。自己修復は、外部から加えられた熱、光、電流等の外部刺激により開始または促進されるという。

 この電子デバイスには、曲げ軸を中心に曲げることができるヒンジが付いている可能性がある。ディスプレイは曲げ軸にまたがり、損傷することなく曲げるために、ディスプレイカバー層があるという。

 ディスプレイカバー層に引っかき傷やへこみが生じる場合があるが、それを軽減するために、ディスプレイカバー層には、自己修復素材の層がある。自己修復素材の層は、ディスプレイカバー層全体か、フレキシブルな領域のみの可能性があるという。

 また、ディスプレイカバー層の柔軟性を確保するために、インデックスマッチング素材で満たされたスリットを備える透明な誘電体層を含んでいるという。

 特許の図面は、折りたたみ式iPhoneのように見えるが、iPadやMacBookにも応用できる技術だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる