AppleからAR/VR HMDのiPhoneアクセサリー登場か? 新たな特許で明らかに

 Appleが、iPhoneのアクセサリーとして使用できるAR/VR ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を開発している可能性があることが分かった。

iPhoneとペアリングするヘッドセット

 米国特許庁は、Appleが新たに取得したAR/VR HMDスタイルのiPhoneアクセサリーに関する特許を公開した。これは、2019年第3四半期に特許出願されたものだ。

 これを受けて「AppleがAR/VR HMDスタイルのiPhoneアクセサリーを進化させる」と『Patently Apple』は報じている(参考:https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2020/10/apple-advances-their-arvr-hmd-styled-iphone-accessory-revives-their-airpower-charging-pad-introduces.html)。

 特許は、AppleがHMDスタイルのアクセサリーデバイスの設計を更新したことを示している。HMDアクセサリーは、同時に特許出願された多くの新しいアクセサリーデバイスの1つだ。

 その中で、AppleはiPhoneとペアリングするように設計されたHMDスタイルのアクセサリーについて詳しく説明している。Appleは、アクセサリーデバイスに、仮想現実(VR)ヘッドセットまたは拡張現実(AR)ヘッドセットになるヘッドマウントデバイスが含まれると記している。

 特許の図面は、タッチディスプレイを有するアクセサリーデバイスを示している。モバイルワイヤレス通信デバイスとアクセサリーデバイスとの間で通信が行われるという。

 通信機能に加えて、ワイヤレス回路は、アクセサリーデバイスのコンポーネントに電力を供給するといった追加機能も提供するという。アクセサリーデバイスは、内部や電力を必要とするアクセサリーデバイスに電力を供給するように設計された非接触充電コイルがある。

 特許では、AppleはAirPower充電パッドに取り組んでいることも見て取れるという。

立て続けに関連の特許を更新

 Appleはこのところ、高度なHMDに取り組んでいる様子だが、今回の特許の少し前にも、その関連の特許をAppleが更新したことを『Patently Apple』は伝えている(参考:https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2020/09/apples-long-standing-iphone-glasses-accessory-patent-continues-to-add-new-features-to-protect.html)。

 米国特許商標庁は、グラススタイルのデバイスを使用してビデオコンテンツを再生できるiPhoneアクセサリーに関するAppleの継続的な特許を公開した。 Appleは新たに20の項目を特許に追加した。

 Appleの長年の iPhone グラスアクセサリーの特許が、保護する新たな機能を追加したという。このエントリースタイルのビデオヘッドセット・アクセサリーの特許は、2008年以来、Appleが12年間にも渡り、継続的に更新している。

 同メディアは、この特許が、時代遅れのアイデアで更新が行われなくなると考えていたという。しかし最近のAppleにはApple TV +、Arcade、TV番組、映画、基調講演等があるため、そのアクセサリーは、再び息を吹き返したようだ。

 iPhoneのビデオコンテンツを、自宅のHDTVを目の前で観るのと同じような感覚で、公共の場、ビーチ、バス、電車で観るという経験を提供することをAppleは想定しているようだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる