iPhone 12は初の編組USB-C-Lightningケーブルを同梱? 画像がリーク

iPhone 12は初の編組USB-C-Lightningケーブルを同梱? 画像がリーク

 iPhone 12シリーズに同梱されるという新デザインの編組USB-C-Lightningケーブルがリークされた。

 Appleの先行情報に詳しいTwitterアカウント『Mr·white』が、画像をツイートしている。

耐久性が向上、外観は高級感あり

 Twitterアカウント『@L0vetodream』が、7月にリークしたものと一致していると『9to5Mac』は、伝えている(参考:https://9to5mac.com/2020/09/24/iphone-12-braided-cable/)。

 以前のリークと同様に、もう一方の端はUSB-AではなくUSB-Cコネクタになっている。現行MacBookと互換性のある高品質のケーブルは朗報だ。悪い知らせは、電源アダプターやEarPodsの付属が望めないことだ。同メディアは、いずれも合理的な判断だとするが、ユーザーには賛否両論ある。

 Appleの既存Lightningケーブルは、ゴム製ケーブルでコネクタに接触するところが摩耗する傾向があり、多くの批判を受けている。ナイロン編組ケーブルは、引っ張ったり、曲げたり、ねじったりという動きに強く、より耐久性がある。また、織られた素材はより高級な外観だ。

 このケーブルは、iPhone 12に予想されていたことの裏付けにもなっているようだ。AppleはUSB-Cに切り替えるのではなく、少なくとももう1世代以上のiPhoneでLightningポートを維持すると見られていた。2021年には完全ワイヤレス充電に移行するという予測もある。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる