iPhoneの名称に初の「mini」採用か 廉価モデルはiPhone 12 mini?

iPhoneの名称に初の「mini」採用か 廉価モデルはiPhone 12 mini?

 今秋リリース予定の新型iPhoneシリーズに新たに加わる5.4インチの小型機種の名称が「iPhone 12 mini」になるというリーク情報が立て続けに報じられている。

 Apple関連の情報に詳しい『9to5Mac』は、リーカーである『@L0vetodream』のTwitterアカウントを紹介し、「iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max」の4モデルになると報じている(参考:https://9to5mac.com/2020/09/21/iphone-12-mini-report/)。

iPhone 12 Pro Maxは、iPhone史上最大6.7インチ

 iPhone 12 miniは、新たに加わる小型の5.4インチモデルのことだ。中級モデルはiPhone 12と呼ばれ、iPhone 11と同様に6.1インチのディスプレイを備えている。今年のモデルは、全てiPhone 12デバイスがOLEDディスプレイを備えていると考えられている。

 iPhone 12 Proと12 Pro Maxは、過去2世代と同様の名称だ。iPhone 12 Proは6.1インチ、Pro MaxはこれまでのiPhoneで最大の6.7インチだ。全モデルが、Apple A14チップを搭載し、5Gに対応すると予想されている。

名称の画像もリーク

 名称のリークからわずかしか経っていないが、今度はその物的証拠がリークした。Twitterアカウント『DuanRui』は、シリコンケースのステッカーの画像をツイートしている。

 この画像は、アイルランドにあるAppleの国際配送センターから届いたもので、未発表のシリコーン製iPhoneケースのステッカーだという。

 先述のリークした名称と、同じ用語が再び登場したと『MacRumors』は、驚きをもって報じている(参考:https://www.macrumors.com/2020/09/25/iphone-12-mini-appears-leaked-case-stickers/)。

 「iPhone 12 mini」が5.4インチ、「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」が6.1インチ、「iPhone 12 Pro Max」が6.7インチで、最近のリークと一致している。

 シリコンケースの色は、3つともブラックで、Appleが以前に使用したことのない型番「MHL732M/A」と「MHLG32M/A」は、はっきりと確認できると同メディアは伝えている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる