iPhone 12 Proの実物シャーシが初リーク やはりLiDARセンサー搭載か

 今秋リリース予定のiPhone 12 Proの実物のシャーシとされる動画が、初めてリークされた。

 『EverythingApplePro』のTwitterアカウントは「これがリークしたiPhone 12 Proの本物のシャーシです。新たにLiDARセンサーが配置されており、フラットな側面、マグネット部分の切り抜き、5Gアンテナの様なスマートコネクターが確認できます」とツイートしている。

 Appleが開発の最終段階に入っていると言われるiPhone 12 Proだが、この動画について『9to5Mac』は、詳しく伝えている(参考:https://9to5mac.com/2020/09/11/alleged-hands-on-video-shows-6-1-inch-iphone-12-pro-rear-shell-with-lidar-placement/)。

 噂では、iPhone 12シリーズは全てフラットエッジの新しいデザインになるとされている。このリアシェルは、ハードウェアコンポーネントが取り付けられていないため、多くの新しい詳細を明らかにしていないが、実物でであれば、新型iPhoneの外観をよく理解できるという。

 まず注目すべきは、ステンレス・スチールのエッジとマットガラスを備えたiPhone 11 Proと同様の仕上がりだ。

 シャーシの背面には、3つのレンズとLEDフラッシュを備えたiPhone 11 Pro同様のカメラ配置があり、超広角カメラが配置されている場所の真下にも追加のスロットがあり、これはおそらくLiDARスキャナーに関連しているという。

 LiDARスキャナーについては、iPhone 12シリーズの2つある上位モデル両方に搭載されるといわれていたが、最近になってiPhone 12 Pro Maxにしか採用されないという報道もあった。しかし、このリークしたシャーシを見る限り、両方にLiDARテクノロジーが搭載されることを示唆しているという。